特定非営利活動法人 北海道フィッシャーズ協会通信 WEBLOG

北海道でフィッシングガイドサービスを中心に行っている個人、及び団体のネットワークであり特定非営利活動法人です   釣り人、及びガイドの視点から自然環境と共生し環境保全に努めて日々活動を続けています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごめんなさい

10/15(水)昨日のKさんとパワーウエットで、ワイルドレインボーを狙いに行ってきました。ビリット身が引き締まる朝5:30出発。屈斜路湖畔のホテルに迎えに行く途中の満月が綺麗だった。
2008/10/15/02
6:00頃よりスタート。雰囲気はあるが・・・。
2008/10/15/01
開始して間もなくライズ、よしよしと気合が入る。粘る事、約2時間アタリは無かった。ハイリスクな釣りは承知の上だけどやっぱり悔しい。ポイントを移動して再スタート。ジワジワと下って行く。
2008/10/15/03
中々アタリが無い。再スタートして3時間程経ったが・・・。一休みして、フライをワンサイズ大きくしてもう一度流す事に。時間は、お昼近くなっている。このポイントを終わったところで遅くなった昼食をとり移動する事にして・・・。小さいのがライズしている。気温も上がり暑いぐらいだ。ゴボン、ロッドが曲がる。やった!
しかし狙っているレインボーではなかった。30cm後半ぐらいの綺麗なアメマスだった。
2008/10/15/04
しっかりとドロッパーを銜えている。活性が良くなっている感じ。しかしです、このポイントもこの一匹で終了。ん~~覚悟はしていたが、タフな釣りとなった。どうにも朝一で入ったポイントが気になる。「もう一度、戻ります。」Kさんは「やー、満足ですョ」なんて優しい言葉を掛けてくれたものの、自分が納得できない。戻って流しだす。
強い流芯で「ボコン」、ライズだ。自分の経験では、この中でのライズは、ほぼレインボーだ。気合を入れてしつこく流す。
結果は、玉砕だった。Kさんごめんなさい。
これに懲りずにまた来て下さいね。

にっぽん釣りの旅

「 湿原の巨大アメマスに会いたくて
          ~水野裕子・北海道 釧路川~ 」

BS-hi 10月17日(金)18:00~
 BS-2 10月18日(土) 8:00~
見て下さいね。

east-road@kbe.biglobe.ne.jp(望月メールアドレスです。御用の方は、恐れ入りますが入力送信お願い致します。)

ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hokkaidofishers.blog64.fc2.com/tb.php/389-74703f66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。