特定非営利活動法人 北海道フィッシャーズ協会通信 WEBLOG

北海道でフィッシングガイドサービスを中心に行っている個人、及び団体のネットワークであり特定非営利活動法人です   釣り人、及びガイドの視点から自然環境と共生し環境保全に努めて日々活動を続けています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きたぁ~~

8/3(日)午前中の用事で塘路湖へと出掛けた。天気はあいにくの雨。昨晩から結構降っている。塘路湖へ向かって行く途中ハセちゃんに暇してたら付き合わないかいなんて電話をして見た。雨で家族キャンプを中止したとかで・・・。用事を済ませ、ここまで来たついでと川を見て行く事にした。2人とも釣りにならないと決め付けていてロッドを積んでいない。走る事10分ほど、橋から見ると・・唖然。ベストな状態ではないか。「ハセちゃん、ロッドとりに戻らない」と聞くと「そうします」・・。再出発したのは昼を回っている。目を付けていたポイントへと直行。誰もいない・・「よ~し・・」訳も分からず言ってしまった。気がつけば雨が上がっている。「ハセちゃん、上からやる、開きからやる」と聞くと「開きから・・」。開始して30分も経っただろうか、ハセちゃんの#8ロッドが大きく曲がる。10mほど下流ではガボンガボンともがく大物、60cm急だ。「やられた・・」、「ハセちゃんデカイね」、にんまりしているハセちゃん。
リールファイトを楽しんでいる・・・「あっ・・!!」と叫ぶハセちゃん。残念、すっぽ抜けてきた。フライはハセちゃんの後ろにある木にグルグル巻き。川原に向かって「畜生!!」と叫んでいる。「残念だったね」なんて声をかけながら、ちっぽけな自分は内心「よかった」なんて気持ちもしている。毎年、気の合う釣り仲間同士で、60cmアップの釣りっこをしている関係で、妙なライバル意識があるのです。間もなく自分にもアタリが・・ヨシ!50cmはある。なんとも気持ちが良い。ニコニコしながら寄せてきたが・・なんと、すっポ抜けたではないか!「川原に向かって、畜生!」。その後すぐハセちゃん40cm半ばぐらいのをゲット。自分も諦めるわけには行かない。それから粘る事約20分、きた~~。
2008/8/03/02
200/8/03/03
2008/8/03/01

その後、雨の影響を確認しながらポイント移動。これを怠けていると大変だ。移動中ふと見ると村ちゃんがルアーロッド片手に歩いている。村ちゃんも下見に来ていた。今日はルアーにして見たよ・・・。何が大事か理解している。「もっちゃん朝から・・?」、「いや、午後から・・、見て歩かないとね。」、「どう、出た?」、「うん、始まったね。」なんて2人でニンマリ。「もっちゃん、だらしない本流釣師のグループがいて餌箱は捨てるしさぁ、捨てないでと言ってやったんだけど・・・。」(地元のグループではない。何処から来た人達かわかっているが公表しないでおく、2回目はない)なんて話しも出た。

ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hokkaidofishers.blog64.fc2.com/tb.php/327-1896b750
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。