特定非営利活動法人 北海道フィッシャーズ協会通信 WEBLOG

北海道でフィッシングガイドサービスを中心に行っている個人、及び団体のネットワークであり特定非営利活動法人です   釣り人、及びガイドの視点から自然環境と共生し環境保全に努めて日々活動を続けています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リリースしましょうよ。

つい先日、こん問い合わせが入った。7月20日位から家族旅行のついでに釣りをしたい。釣り方はルアーで楽しみたいとの事。ここまでは何時もの話しだが、ここからがちょっと違う。ガイドを依頼すると釣れる確率はどれくらいか?確実に大きいのは釣れるのか?との問い合わせ。さすがに、保障する様な対応や、確率何パーセントなんて事も答えられませんと伝えた。この後が・・・。

「キープさせてほしい。大きいのは剥製にしたい。」
ガイドを頼みたいとの事。

ガイド会員に限らず、まともなガイドはキープを目的とした仕事は請けてませんよと伝えたがどうなった事か。

なんとも寂しい話しだ。

北海道は、ネイティブやワイルドな魚が多いが、釣りを楽しんでいる個々が大事にして守っているのも現実だ。

この方の地元では、なぜ楽しめる魚が消えたのだろう?

釣り等のアウトドアーを楽しむために沢山の方が北海道に訪れてくれる。本当に有難い事だ。広々とした空間。美味しい空気。開放的になるのは当然だが、楽しむと言うよりそこにあるものを獲りに来るという方も多いようだ。

ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hokkaidofishers.blog64.fc2.com/tb.php/305-e71f8908
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。