特定非営利活動法人 北海道フィッシャーズ協会通信 WEBLOG

北海道でフィッシングガイドサービスを中心に行っている個人、及び団体のネットワークであり特定非営利活動法人です   釣り人、及びガイドの視点から自然環境と共生し環境保全に努めて日々活動を続けています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマメ(やまべ)

僕が住む釧路近郊のほとんどの河川は7月から翌年4月一杯までが解禁で5月~6月が禁漁と言うのが多い(河川により異なる場合もあるので要注意)僕は餌釣りをしていた時からヤマベ釣りが大好きで、解禁が待ち遠しくて解禁前日は居ても立ってもいられなく、夜のうちに川まで行き夜明けを待っていたことも懐かしい思い出にある。

昨年は、イギリスのお客様が地元ネイティブをドライで釣りたいとの希望で、丸一日ヤマベ釣りをした。尺は出なかったものの泣き弱が結構釣れて満足して頂いたのが記憶に新しい。
自宅から車で片道一時間を考えればヤマベ釣りを楽しむことが出来る川は結構あるが、こちらで言う幅広の大型ヤマベを狙える川はそんなにない。僕は、数よりもサイズを狙う時は一級河川などの本流に出向く。
釧路近郊の河川はカディスが多くエルクヘヤーカディスをバリエーション広く用意しておけば一日楽しめるが、夏場の日中はテレストリアルの釣りが大アタリと言うパターンがあるのでテレも必ず持って行く。

しばらく釣りに行く事が出来ないので、思い出に浸ることしか出来ないのが残念だけど・・・。
ジージーとセミの泣く声や草木の香り活気に満ち溢れた川が待ち遠しい。
2007/8/11/04


2007/7/18/02
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hokkaidofishers.blog64.fc2.com/tb.php/247-88a9de5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。