特定非営利活動法人 北海道フィッシャーズ協会通信 WEBLOG

北海道でフィッシングガイドサービスを中心に行っている個人、及び団体のネットワークであり特定非営利活動法人です   釣り人、及びガイドの視点から自然環境と共生し環境保全に努めて日々活動を続けています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も始ります。

3月に入り日中ポカポカと感じる様になりました。ストリーマーを巻き貯めしようかと思っています・・・。とは言うもののずぼらな自分は中々そうは行きません。ギリギリになるまで盛り上がらないのが悪い癖です。本州ではサツキマスの時期も来ているようですね。
自分は地元釧路の新釧路川でのアメマス釣りが年の初めと言ったところです。今年は釧路の雪は少なく市内に限ってはほとんど積雪は見られなくなりました。ボチボチ中流部では釣れだしております。来月はカヌーで様子見に行くつもりです。
自分は、フライで楽しむことが多いですが中流部においてルアーで攻める方がポイント的には効率的に有効と思います。
鮭稚魚を追い回してライズするアメマスが目に浮かびます。
鮭稚魚がトビウオの様に跳ね、その後から大型のアメマスがゴボンと水面に出る・・・フライをスイングさせ誘う、手元にくるアタリは何とも言い様がない心地良さです。流れを読み、川底を想像してフライの流れている様子をイメージする釣りがたまりません。7月下旬から8月はメタボなアメマスが釧路川本流で楽しめます。春のアメマスとは食性も違いドライでも水面下でも楽しめます。これは、太くてエキサイティングな釣りです。

写真は昨年春のカヌーフィッシングの様子と8月のメタボアメマスです。
2007/4/30/02

2007/8/5/03

2007/8/5/03
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hokkaidofishers.blog64.fc2.com/tb.php/243-bcaa4e63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。