特定非営利活動法人 北海道フィッシャーズ協会通信 WEBLOG

北海道でフィッシングガイドサービスを中心に行っている個人、及び団体のネットワークであり特定非営利活動法人です   釣り人、及びガイドの視点から自然環境と共生し環境保全に努めて日々活動を続けています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドジ・・・。

11/24(土)ボビーと知人のSさんとカヌーフィッシングに行って来ました。凍る前に塘路湖の調査をしようと思っていましたが、残念・・。
土佐組合長の奥さんのお話しでは、何時もより1週間ほど早く凍ったとの事。気にしているポイントがあったんですが次回のチャンスにと言う事に。ワカサギ漁の網には70cmを超えるアメマスが入っていました。

1cm程の厚さの氷の中を3人で漕ぎ出しました。砕氷船の様に舳先で凍りを割りながら進む特製大型カヌー、何とも不思議な体験でした。
さすがに、これ以上厚い氷になれば塘路湖からの出発は無理になります。塘路湖から流れ出るアレキナイ川を下り釧路川本流に出ると既に3人ほどの釣り人がルアーを振っている。魚とファイトしながら電話をしている余裕のフィッシャーも・・。

そんな中、先行者の邪魔にならない様移動してスタート。間もなくSさんにヒット、快調なスタートとなりました。オカッパリとはポイントの見方も攻め方も変ってくるこの釣り、レイクサイドさんの協力で昨年より数回にわたり調査と実釣を繰り返したお陰で思い通りに攻める事が出来る様になりました。
ところで・・・、1週間前より魚影は濃くなっていました。良い流れと思うポイントにはほとんど魚が入っていて、Sさんもボビーも快調に釣っている。途中でボビーが操船の練習と言う事で私と交代。
「ボビー曲がったゾォ~・・。どうした、大丈夫かぁ~」なんて声を掛けながら下って行く、オジロワシやエゾシカも顔を出す。
「ん~~、気持ちいいぞぉ~」なんて独り言を言いながらルアーを振出した。
2007/11/24/01

「ボビー、先週一番良かったポイントをじっくりやって見ようか」と言う事で開始して間もなく、私にヒット・・。「ん~~、いいねぇ。」なんて余裕で心地良い引きを楽しみキャッチ。

ここでアクシデント、Sさんはシングルフック・バーブレス。私はトリプルフックのバーブ付き、それも新品おろしたてのミノー。
テールのフックをガッチリと咥えている。
ボディーのフックに気を付けて外そうとした瞬間だった。
左手人差し指にスッと何か入った感じ、「あっ」と思ったらしっかりボディーのフックが刺さっているではないか。
それもしっかりと・・・。
後は、写真の通り・・・、これからと言う時にボビー・Sさん申しわけありません。釣りを中止して病院行きの有様でした。
ドジな私・・・。皆さん、くれぐれも注意して下さいね。

実質2時間半ほどの釣りでしたが3人デコ無し、超過としては最高でしたよ。
2007/11/24/02

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hokkaidofishers.blog64.fc2.com/tb.php/229-66faaecf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。