特定非営利活動法人 北海道フィッシャーズ協会通信 WEBLOG

北海道でフィッシングガイドサービスを中心に行っている個人、及び団体のネットワークであり特定非営利活動法人です   釣り人、及びガイドの視点から自然環境と共生し環境保全に努めて日々活動を続けています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴重な一匹

9/1(土)常連様とカラフトマス釣りに行きました。
前日(8/31)の最終で釧路入りしたお客様を迎えに行き、晩ご飯を食べながら、出発時間なんかを打ち合わせする予定でしたがちょっとしたアクシデント。その晩ご飯を食べに行く先をミスった。僕と違いお酒は飲まないお客様ですが、結構な大食漢。定食屋さんで驚かそうと、ガッツ(すごい盛の定食屋さん)に行った。これが間違い。二人でトンカツ定食を頼んだ、「おッ・・・すごいボリューム」と一言。
僕が「でしょ」っとちょっと自慢げに言ったら、「キテルね」と言いながら食べだした。実に軽快にだ。

「僕は何度か来ているが、何時も後が大変で翌日まで堪えるのである。にもかかわらずまた来てしまった。」

僕は、半分ほど食べたところで、打ち合わせどころか話す事も出来なくなってしまった。やっとの思いで三分の二ほど食べたところでお客様は完食。
額から汗を流し、声も出さず必死で食べている僕にだ、「もっちゃん、明日何時でもいいよ。早く出るんでしょ、去年行った所・・三時間ぐらいダヨね」と驚かそうと思ったホンの小さないたずら心が、自滅した瞬間だ。

朝3:00出発、予定通り三時間後の6:00スタート。魚は居るが人もそれなり、パンパーンと勝負を決めたいところだがそうも行かない。二度三度とポイントを変えて一番魚の濃いところへ。プレッシャーのせいか潮のせいか食わない。スレでは掛かるが、とにかく食わない。

「食わないのは、僕等も同じ。
昨日のつけで二人とも凭れっぱなし。実は結構お客様も堪えていた。40歳過ぎて食べすぎは良くない、少し学習した。」

やっとの思いで食わせた一匹です。

2007/9/1/01



2007/9/1/02

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hokkaidofishers.blog64.fc2.com/tb.php/185-724dbf38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。