特定非営利活動法人 北海道フィッシャーズ協会通信 WEBLOG

北海道でフィッシングガイドサービスを中心に行っている個人、及び団体のネットワークであり特定非営利活動法人です   釣り人、及びガイドの視点から自然環境と共生し環境保全に努めて日々活動を続けています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の始り

8/18(土)記録的な暑さも一段落し、ザーッと一雨も降り川はどんな状況かと行って来ました。さすがに11月までは、プライベートな釣りが出来る状況ではなくなりそうなので、言い訳をしながらでも趣味の釣りが出来るのも今日限り。朝7:00過ぎに出発して、ハセちゃん宅に寄り釣り場には9:00頃到着。ハセちゃんは今日スぺイデビューだ。6月に隆さんからレッスンを受けたきりで、先日俺がスペイで釣っているのを見てどうにも釣って見たくなったらしい。そそくさと用意をして始めたが・・・なんか様子が変だ。可愛いサイズのアタリも無く、ここぞと言うポイントでもパッとしない。もしかしたらと嫌な予感。こう言う時の嫌な予感は当たるもので、案の定大型魚の群れが点々と。カラフトマスの遡上が始っているのだ。さすがにこれが来出すと魚も散りだす。「ハセちゃん」、今日60cm出せなかったら11月まではお預けかなと話し掛けると、よーしスペイで勝負だとハセちゃん。最初に俺が43cmと小さめ。何とか狙いのサイズを出したくて頑張って見るが難しい。ハセちゃんの具合を見ると・・・苦戦している。思うような釣りが出来ないでいる。これも仕方が無い、何せスペイデビューなのだ。見て見ないふりをするのも武士の情け。ハセちゃんのデビュー一匹目はヤマメだった。写真は撮れなかったが幅広で綺麗だった。このまま勢いに乗るぞとハセちゃん。釣られちゃ困るので今日は泳がないのと軽くジャブをカマシたが、つけは俺にきた。コンコンコンとアタリ、スイングがほとんど終りに近いところでだ。ギリギリまで送り込んで辛抱したがあわせが早かった。のったと思った瞬間水面でガバガバと頭を振られおさらば、尾びれを思いっきり振って行った。今シーズン見たアメマスの尾びれで一番大きく見えた。その後のポイントでもカラフトマスが。夏はお盆までと言うのが本当だ。ルアーで楽しんでいる友人にも遇ったが、やはりカラフトが多くてアメマス出ずらいと話していた。
2007/8/18/01

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hokkaidofishers.blog64.fc2.com/tb.php/175-9038a667
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。