特定非営利活動法人 北海道フィッシャーズ協会通信 WEBLOG

北海道でフィッシングガイドサービスを中心に行っている個人、及び団体のネットワークであり特定非営利活動法人です   釣り人、及びガイドの視点から自然環境と共生し環境保全に努めて日々活動を続けています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一日大爆釣

8/5(日)今日と言う日が来るまで本当に長かった。とにかく俺にとってはこの時期旬な釣りなのだ。狙いは丸々と太った60cmのアメマス。何だか良く分からないけど仲間みんなで60cmにこだわっている。確かに簡単に出るサイズでもない。朝5:00出発、霧のかかる道を逸る気持ちを必死に抑えながらポイントへと向かう。今日の釣り方は、フローティングラインにウエットフライをドロッパーにして食わせフライにちょっと小さめのストリーマーをリードフライにしてあるシステム。到着して間もなく、俺がセットしている最中にハセちゃんヒット。40cm半ばぐらいだが丸々と太りコンディションバッチリのアメマスをゲット。う~~羨ましい~。今度は俺だとポイントを変えて頑張る。ん~~中々こない。沈めて見るかとシンキングリーダーを取り出しセット。間もなくゴボっともじったと思った瞬間ティップが突っ込んだ。やりとり数分54cmガハ~と雄叫び。その後ポンポンと4匹ゲット。50cmオーバー1匹、泣き50cm3匹と今日はいけると思ったが・・・。ととと、ところがだ。とことこっと来た友人Y氏釣っちゃったもん・・・。ガクっときちゃったけど魚を見たお陰で、釣りてぇ~の気持ちの方が強くエキサイト!話しは前後するが、Y氏が60cmと格闘中我々は大変な事になっていた。対岸に渡っていた俺とハセちゃん、帰りは大変だょ・・・ウェイディングスタッフを渡し使ったほうが良いヨと言ってあったのに、あと3m位のところで力尽き俺行けネェ~なんて弱音を吐くハセちゃん釧路川の洗礼を受け遭えなく水没・・・。大丈夫かと言ったものの人の不幸は蜜の味、ましてや遠慮無しの仲間と来たもんだから腹がヨジレル程笑がこみ上げてくる。3~4m流されながらも岸辺にたどり着く。その数メートル下流でY氏は何も知らず60cmを手中にしていたのである。満面の笑みのY氏とズタボロ、びしょびしょのハセちゃん。久々にどうして良いか分からなくなった。ハセちゃん着替えは?持ってきて無いウェイダーは予備あるヨ、着替えも俺ので良ければあるヨと言ったが散々笑った後、ちょっとムッとしながらこれで頑張ると意地を見せた。なにはともあれ次のポイントへと移動、さすがに先に竿を出すわけにも行かずハセちゃん先にどうぞとすすめる。ハセちゃん俺流れ込みからやる。じゃあ俺は開きの方から流して良いと聞き始める。間もなく俺にきた。45cm・・・。電話が鳴る、ボビーからだ時間が出来たので近くまで来ているとの事。合流し、ボビーがハセちゃんが流したところを試しにと流し出した。ドカン・・40cmほどのがヒット、ハセちゃん苦笑い。さらに移動、ガイドでは出来ない行動だが今日はプライベート。再度対岸へ渡る。ハセちゃんがどうなったかは御想像に任せる。俺とボビーは問題無し、間もなくボビーが50cm、俺が掛けるもバラシ、ハセちゃんウェイダーを脱ぎ水を捨てる。続けてボビー52,5cm。俺48cm。ハセちゃん戦意消失・・・。

2007/8/5/03

2007/8/5/02

2007/8/5/03

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hokkaidofishers.blog64.fc2.com/tb.php/169-3ae77470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。