特定非営利活動法人 北海道フィッシャーズ協会通信 WEBLOG

北海道でフィッシングガイドサービスを中心に行っている個人、及び団体のネットワークであり特定非営利活動法人です   釣り人、及びガイドの視点から自然環境と共生し環境保全に努めて日々活動を続けています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やったぜぃ

7/25予定通り本流の釣りへと出かけた。前日チェックしたポイントを上流から順に攻めて行くことにした。全部で4ヵ所を攻める予定だ。川に到着したのはAM9:40頃、1ヵ所目でスタートがほぼAM10:00。お客様は23日にドライフライで数釣りをして頂いたお二人様。今日は初めてと言う釣り方で、本流のネイティブトラウトアメマスの釣り。秋に産卵の為に遡上してくるアメマスとは別もんのアメマスだ。良くは知られていないが、湿原の中に居る大型のがこの時期移動すると言われている。遡上のアメマスとは植生も違い、トップでの釣りも楽しめる。このガイドが出来るのは、近隣では俺と村ちゃんぐらいかな。この日も前日下見した自分の情報と、村ちゃんの情報を合わせて移動する。丁度一週間前、ミーバイさんと遊んだポイントもその中に含まれていたが、この日は水量の関係で出来なかった。ミーバイさん近日中に仇は取ります。2ヵ所目へと移動中オジロワシが飛んでいるなんと珍しい。オジロですよとお客様に伝えると大きいネェ~と感激してくれた。間もなく鶴の親子連れも現れた、これも珍しい二羽のヒナを育てている。親鳥と変わらないぐらいに成長している。違いは体色のみだ。なんか起きる予感、お客様もそんな気になっているみたい。3ヶ所目を終えて一休み。これまで当たりは無し、天気はドピーカン水温は16度水の色は恵みの雨のお陰で最高。さあ残り1ヶ所だ、気合を入れて再スタート。直後に村ちゃんから電話、もっちゃん「最初のポイント一番ついているはずだょ、時間かもしれないとよ」と有難いアドバイス。よーし、最後にもう一度だと決めた。4ヵ所目に着いて間もなく待望の一匹目
やったーと喜んだのもつかの間、アレッ何と言うことか車にネットを忘れてしまった。しかも川の中に立ち込んでいるしどうすんだぁ~って・・。何とかお客様を岸まで戻しランディング45cm、しっかりとドロッパーを銜えている。時間も大分迫ってきた最初のポイントへ戻りますと伝え移動。到着した時間はPM4:00を回っている。良く見るとチビがポチポチとライズを始めた。御主人の方に一度当たりはあったがダメ。様子を見ているとゴボンと音が聞こえた・・なんかライズした。気を付けて見ていると明らかに良型のライズ。シンキングリーダーを外し2Xのティペットの先にお客様のフライボックスにあった一番大きいセミを付け流し方を伝えてスタート。出た・・痛恨の空ブり「トゥワー」とガックリ。しかし、フッキングしたわけではない。まだまだとリベンジ流す事数回・・・ズボっとセミが消えた。明らかに魚なんだけど動かない。ひたすら水中で頭を振っている様子。お客様も固まっている。ゆっくり自分の有利なポジションをとって下さい、ロッドはねかせて等々やりとり。ジワジワト寄って来た・・デカイ!水中でギラついているが幅がある。レインボーかも、頭を上げようとするが浮かない。#6ロッドが弓なりになっている。もう少し頑張って・・やっと浮いたランディング。52cm超オデブアメマス。体こうからすれば52cmには思えない。村ちゃん有難う!!

2007/7/25/01


2007/7/25/03


2007/7/25/02

スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2012/05/25(金) 16:09:51 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hokkaidofishers.blog64.fc2.com/tb.php/165-c604b72c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。