特定非営利活動法人 北海道フィッシャーズ協会通信 WEBLOG

北海道でフィッシングガイドサービスを中心に行っている個人、及び団体のネットワークであり特定非営利活動法人です   釣り人、及びガイドの視点から自然環境と共生し環境保全に努めて日々活動を続けています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面白かった

7/21朝から霧雨、今日は釣りとガイド仲間のボビーとハセちゃんと三人出かけた。数日前から予定をしていたが、今回の川は入渓が初めてのポイント。丁度月曜日からのガイドも有り下見にはタイミングが良い。打ち合わせをしていた時に大きいのも期待出来そうな川だょ、なんて二人に言って置いたら#4ロッドを仕込んでいた。俺は気楽にと#2ロッド(実は車に#5ロッドを仕込んで置いた)霧雨の中、ひたすらダートな道を奥へ奥へと進む。分かれ道になると、あっちへ行こう、いや違う・・こっちかなんて事を繰り返しながら到着。三人とも身支度をテキパキとしてスタート。20cmほどのニジマスが一発目で出てきた。ちょっとした流れのヨレにもついている。他の二人も居る居るとニコニコ顔。一ヵ所目は30分ほどで20cm~25・6cmのニジマスが沢山。二ヶ所目へ移動、ここはハセちゃんが竿を出して見る事に。ポポーンと2~3匹出したがやはりサイズが泣き尺のニジマス。しかしニジマスしか釣れない。Goodサイズのイワナが出そうな川なんだけど出て来ない。三ヵ所目へ移動、ここは皆で竿を出した。尺ニジマスが出てきた。どうだいと声を掛けると大分大きくなってきたけどニジマスだねとの事。ここまで来たら何処まで魚が居るか行けるとこまでと四ヵ所目へ。魚止めと思われる落差が出てきた。この上はどうなっていると言うことでそこを上りさらに上流へ、やっぱりニジマス。何と言う事かニジマスしか釣れなかった。ちょっと残念。サイズは最大で35cmほどだった。三人とも手持ちのドライフライが無くなっていた。数はどれくらい釣ったか分からないが、魚の歯でボロボロになりフライチェンジが頻繁、時間を見るともう山の時間になっていた。山の神が怒るぞと終了。今日は随分と歩いた。人に合うことも無く、せせらぎの音と鳥の囀りマイナスイオンムンムンの中の釣行、ニジマスしか釣れなかったが楽しかった。ヒレピンピンのワイルドレインボー、秋に期待する。今度はミッキーのパパも誘って来ようねと帰路についた。俺のカメラは霧雨・雨と言う事で写真撮影が無理でした。ボビーの写真を後日掲載します。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hokkaidofishers.blog64.fc2.com/tb.php/160-ad87cc62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。