特定非営利活動法人 北海道フィッシャーズ協会通信 WEBLOG

北海道でフィッシングガイドサービスを中心に行っている個人、及び団体のネットワークであり特定非営利活動法人です   釣り人、及びガイドの視点から自然環境と共生し環境保全に努めて日々活動を続けています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渓流IN

鯉釣りイベントが終了後、ボビーこと菅原さんと川へと出かけました。気になる渓流があり下見を兼ねた釣りです。GATTIの#5で釣りがしたいというのも有り#3のロッドがいつもの私の渓流スタイルですが、GATTIを。天候は到着時曇りでしたが途中から雨、川の様子を見ながら移動。私も、ボビーも入渓したことが無い川。「おッ」鹿が水を飲んでいる、何か呼んでいる様にも見えるのでこの辺からたたいて見ようかと入渓することに。大チョンボに気づく、ウエィダーに着替えていたときだ、アレッ・・??シューズが無い。自分としては完全に積んだつもり。そんなバカなともう一度車内を見る・・アレッやっぱり無い。どうしたんですかとボビー。ゴメン、やっちゃたよとシューズを忘れた事を伝えた。優しいボビーはネオのブーツタイプも持ってきたので私にシューズを貸してくれるとのこと。有難かった。ゴメンねネオはかしちゃって。間もなくボビーがライズを見つけ「してますよ」と教えてくれた。「やって、やって」と私は見ている事に。ボビー痛恨の空振り。上流側からそっとフライをドリフトさせる。パクッと出た。20cmほどのカワユイニジマス。深みでボビーが粘っている、私は上流へと歩き出した。瀬をたたこうと石裏、石の頭、流れの開き等居そうな所へとフライを入れる。なんともポンポン出る。サイズは20cmから27~8cmGATTI#5中々の竿でバランスが良く操作性が高くたたき上がりの釣りでしたが、疲れない。早く来ないかナーと待つことに。ボビー、小さいけどニジパラだぞっと伝えた。この川だときっと40cmぐらいのは絶対居るぞとさらに上流へ。とにかく出る出る。雨が降り出してきた。始めた時間も夕方から熊も心配になって来た。上流100mほどのところにバンク際の長いプールが見える。あそこで止め様かと話し、たたきながら移動する。プールの開きで24~5cmほどのが出た。ここから先「ヤリヤリ」とボビーがたたき出す。メインの流れはこれから。バシャと中々の出方・・。空振り!ボビーがウワーッと崩れる。それを空振っちゃだめよと余裕でフライをナチュラルドリフト。バシャ・・俺も空振った。顔を見合わせて大笑い。その上流をボビーがたたき出した。ちょっと時間をおきボビーが空振ったところへフライを入れる。バンクギリギリの流れに乗せナチュラルドリフト。フライがスポッと吸い込まれた。今度は大丈夫、#5ロッドが絞られる。おっ間違えなく30cmは超えているぞと思い寄せる。なかなか浮かない、ボビーちょっと大きめだよ。キャッチしたら37~8cmはある。綺麗なワイルドレインボー。「沈めたらどうですかね」とボビー。プリンスあたりを沈めて見たらと伝えた。まもなくキタっとボビーが微笑む。ボビーは#3ロッド、ティップが絞られる。出されるラインを止めロッドを立てるが浮いて来ない。ボビー、デカイぞと声を掛ける。真剣にやりとりしているボビー。「あっ・・。」ボビーの声がマイナスイオンムンムンの川原に響いた。楽しかった。ボビーまた行こうね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hokkaidofishers.blog64.fc2.com/tb.php/146-93475c50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。