特定非営利活動法人 北海道フィッシャーズ協会通信 WEBLOG

北海道でフィッシングガイドサービスを中心に行っている個人、及び団体のネットワークであり特定非営利活動法人です   釣り人、及びガイドの視点から自然環境と共生し環境保全に努めて日々活動を続けています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッチリ

7/28(月)何時もお世話になっているW氏と初めて釣りに出掛けました。
20087/28/01

「その内行きましょうね」なんて何時も話しをしていましたが、中々時間が合わず数年越しでやっと楽しむことが出来ました。ヤマベ(ヤマメ)・イワナ・ニジマスとバッチリ楽しんできました。
2008/7/28/02


ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。
スポンサーサイト

夏のカヌーフィッシング

7/27(日)調整をとりながら、レイクサイドとうろさんの協力で夏のカヌーフィッシングを始め様と、今日は調査に出掛けました。天気は、良好で風もほとんど無し。ついつい釣りを忘れてしまいそうな気持ち良さ。8人艇を2艇使い2人づつ乗船。塘路湖から出発して木が生い茂るアレキナイ川を通り釧路川本流へと下って行く。ルアー・フライと状況に合わせて釣って行く予定だ。本流に出て間もなくだった。ルアーで探っていた友人にヒット。大きそうだ。浮いてきて水面で大きく頭を振られた時だ・・・。残念はずされた。友人が言うには、60cmオーバーのメタボアメマスだった。着水して直ぐにミノーに喰い付いた、ビックリしたヨと興奮していた。この後は、どんどん気温も上がり、アタリはあるが、のらずとパッとしない。開始して間もなくの友人の一撃があるので気が抜けない。行程の半分ぐらいのところで別な友人にアタリ。17gの重めのミノーに喰い付いた。中々浮いてこない。もしかして・・・とみんな幻がと期待するが残念。やり取りする事数分、釣り上げる事が出来なかった。
ファイトする友人
20087/27/01
何が掛かったかは分からないが大物には違いない。これがこの釣りの醍醐味だ。近々、早朝からカヌーを出しリベンジする。
20087/27/02

ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。


地引網体験のお手伝い

7/25(金)レイクサイドとうろさんの、地引網体験のお手伝いに行ってきました。レイクサイドとうろ社長の土佐さんから紹介をしてもらいビックリ。「望月さんこの先生見たことあるしょ」なんて言うものだから「えっ」と思い失礼ながらお顔をじっくり・・・。「どうぶつ奇想天外」(TBS)でお馴染みの千石先生ではないか。20名ほどの小学生が、千石先生の指導のもと、道東の様々な体験を楽しんでいる様だ。網に入った鯉やフナなどの魚の説明を受ける子供達。地元の子供達にも体験させたいと思いました。
2008/7/25/01
2008/7/25/02
網を入れる土佐社長と専務。
2008/7/25/03
みんな、頑張って引けと千石先生から声がでる。
2008/7/25/04
獲れた魚に興奮の子供達

自然に触れ合う体験はいいものですョ。

ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。





増水

7/26(土)雨の影響が気になっていて様子を見に行く事にした。昨日は、(25日)は友人と短時間のイブニングを楽しんできた。ポイントに向かっていると、どんどん空が暗くなり丁度、到着するとポツポツと落ちてきた。普通なら、やめようと言う事になるところだが、なにせ釣りバカ。友人が、「パッパと釣ってやめるべ」と言うと自分も、「そうだないいとこ15分ぐらいだべ」なんていう事で開始。用意をして川辺に立つと偶然にも正面でライズ。雨足は確実に激しくなってくる。ラッキーとばかり一発。ニジマスだった。その後、友人も同じ場所で良型のニジマスをかけたが、逃げられてしまった。自分は、30mほど上流の瀬尻を流していた。「プレッシャーなければこの流れだ」なんて独り言を言いながら・・・。
雨はさらに降ってきた。この日はついている、キャストする事2回目。スポッとフライが消える。ジャンプし走る。尺オーバーのニジマスだった。友人は、まだ釣っていない。「お~い、こっちにまだいるぞ」と声をかける。「尻しかやっていないから・・・」友人も分かったとキャストする事3回目。出た・・良く走るニジマスだった。大きさは自分のと同じくらいの尺オーバーのニジマス。時間にして15~20分。雨がさらに強くなってきた。車に逃げ込み終了。なんとも贅沢な釣りだった。でもって、今日はその雨が気になり・・・。ハセちゃんに誘いの電話をして見た。なんと彼は既に釣りをしていた。ここにもバカを通り越した釣りキチがいた。それも、みんなを出し抜こうと雨の後の大物狙いをしていた。ついつい大笑い。
「俺、ドライでちょっと様子見に行ってくる」と言うと、「ダメだから、一緒に行く」との事。増水していて予定していたポイントには入れなかったが、以外にも色はまずまず。これからが楽しめそうだ。
ヤマメ・ニジマス・イワナと釣れました。
20087/26/01
2008/7/26/02

ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。


釣り休み・ジャック丸刈り

7/23(水)アメリカンコッカーのジャック、寒い間はモコモコの毛並みで暖かそうなのだが、夏になると大変そう。7月に入り変に蒸し暑く何時も舌を出しハァハァと暑そうだった。7月早々に行きつけのペットショップに連絡したところ、暑いせいか短いカットの依頼が多く混んでますとの事。23日やっとジャックの番が来た。うっかり行く前のジャックの写真をとり忘れてしましましたが、カットした後のジャック。コッカーとは思えない。でも、スッキリして気持ちよさそうだ。最近自分が釣りばっか行ってたせいかジャックと散歩もしてなかった事と、食いしん坊のジャックは、オヤツと自分のご飯の他にダックスのゼロのご飯も盗み食いをしていたらしく、メタボになっていた。運動させなくちゃまずい状態になっていた。
20087/23/01


ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。

楽しく釣れたが・・・。

7/22(火)仕事が忙しく中々一緒に楽しむ事の出来ないT氏と出掛けた。「最近、下見を兼ねた釣りで随分楽しそうですね」と日曜日の夜に遊びに来たT氏。自分は下見が目的で、タイミング良く行ける友人達には出来るだけ釣ってもらおうと思っている。当然自分も釣りを楽しんでいるが・・・。
「そう言えば、しばらく行って無かったね。」と話しをしていると、「22日(火)が休みで釣りに行こうかと思ってるんです。」と遠慮がちな素振り。「んっ、行く?」と聞くと「いいんですか」、「丁度、下見を最後にしようかと思っていた川があり、釣れるかどうかは解からないけどいいかい。歩くよ。」なんて事で出掛ける事に。当日出発準備をしているとK氏からの電話。「雨で仕事出来ない、今日行くの」って言う事で3人で出発。天気は、霧雨が「じと~」って感じで時折パラパラと降ってくる。下流から調べて来た川で今日は、最後の段階。欲を言うと、もう一ヵ所見たいが結構マニアックになりそうなので時間を見つけてこの次だ・・。こう言う所は色んなリスクがあるので仕事で使うポイントとしては厳しい。今日はゲストを招くにはギリギリだろうと思うポイントになりそうだ。入渓して間もなく24~5cmのニジマスが出て来た。体高は悪くない。K氏が30cm後半のを出したが、これも悪くない。イケルかなって感じ。T氏は自分のペースが乱れるとドツボにハマってしまうタイプ。フライフィッシングは、自分やK氏がはめた様なもので長い付き合いだ。歳も一回り以上も離れており何時も自分達に気を使ってくれる。今日は久々なので楽しんでもらおうとK氏も自分も先行とマイペースを勧める。「ん~、この区間はイワナが増えたね」と自分。K氏も「俺も思った。イワナとしてはいいサイズだな。」なんて話していたら、T氏のロッドが曲がっている。
20087/22/01
ヒレピンの綺麗な一匹。「俺、もうこれで満足です。」なんて心にもない事を言っている。「そんな事言わずにどんどん釣んな」と自分とK氏。3人で実釣時間約4時間、本当に楽しんだ。釣果も満足、言う事無しと言いたいところだったが、残念・・・ゴミだ。餌釣りのゴミ!
20087/22/02
「気持ちの良いところなんだから散らかすなよ」と口から出る。終了が近づき、橋が見えてきた。餌釣りをしている2人の人が見える。我々の方を見ながら楽しんでいるが釣れている様子がない。人の出入りが多いので「いないのかなぁ~」なんて思っていたらそんな事はない。我々は、ポンポンと釣っている。そうこうしている間に2人は帰って行った。その場所に行って唖然。タバコの吸殻、コンビニのゴミ・
10号ぐらいのテグスにワーム付きの針・これでいったいなに釣んだ??しばしゴミ拾い。沢山の釣り人が散らかしたのは明らかだ。気持ちいいところで、気持ちいい釣りしましょうよ・・・。

今回も、テレストリアルで楽しんだ。本当に良く出ました。みなさん、ゴミは持ち帰りましょうね。
餌釣りの人(一部の人)、魚ばかりではなくゴミも持ち帰って下さい。

今回使用した自分のフライ。
2008/7/22/03
車まで、テクテクと歩くこと約20分。到着すると、おじさんが牛を呼んでいる。遠くから続々と帰ってくる。どの牛もオッパイがパンパン。みなさん、綺麗な自然の中で生産されている牛乳です。たくさん飲んで下さいね。
牛舎に戻る牛が列を成す。
2008/7/22/04
自分の引き出しは確実に増えました。
綺麗な魚と自然と自分達ガイドがお待ちしています。

ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。





ゴミ拾いのご協力お願いいたします。

7月に入り、道東ではヤマベ(ヤマメ)が解禁となり、主だった川は釣り人で賑わいを見せております。釣り方は様々ですが、随分と釣り人のゴミが目立つ様になってきました。釣り以外にも写真を撮ったり森林浴を楽しんだりと、違う楽しみ方で渓流に訪れる人も沢山います。タバコの吸殻も随分と目立ちました。愛煙家の方もマナーとして携帯灰皿は持ち歩きましょう。楽しみ方は違っても、そこを訪れる最終目的は、同じ様に私は思います。せっかく訪れる人々を癒してくれる美しい自然なのに・・残念です。会員の方をはじめ、このフィールドで楽しむ者として、拾える物は出来るだけ拾っていただけないでしょうか。この水で生活しているのは、魚だけではないです。何卒、御協力お願い致します。
また、連休中キャンプしたと思われる焚き火の跡もありました。これから夏休みに入り、身近な川原で焼肉なんて言う方も増えると思います。子供達に教える機会とも云えると思います。自然を大事にしながら楽しんで頂きたいと思います。瓶の欠片や缶詰めの空き缶等で怪我をする場合も有ります。楽しく綺麗な思いで作りをして頂きたいと思います。

ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。


残念(ゴミ)

7/21(月)朝ハセちゃんからの電話で起きた。昨日ちょっと飲みすぎたせいで、のんびり寝ていた。
「これから、迎えに行きますからどうですかとの事」、「じゃあ30分後と言う事で・・・。」
ここ数回ほど調べに行っている川へ出でかける事にした。ハセちゃん先行でたたいていく事に。入渓して間もなく35~6cmのニジマスが出て来た。沢山人が入っているせいか中々難しいところに居る。
「ハセちゃん今日は結構渋いよ」なんて言いながら釣って行く。ヤマベ(ヤマメ)・イワナ・ウグイ・ニジマスと大きいのも小さいのもポコポコと楽しませてくれる。残念なのは、川原の餌箱や餌釣りの替え針ケース等の餌釣りのゴミ!拾いながら歩く、気分が悪い。
2008/7/21/01
2kmほど歩いただろうか、ポツポツとは出るがパッとしない。ポイントを変える事にして移動。釣りを再開して間もなくハセちゃん2匹連発。
2008/7/21/02
その後もヤマメ・イワナ・ウグイ・ニジマスと飽きる事はないが、40cmを超えるニジマスが出ない。ちょっと贅沢だが、ここ数回の釣行でも40cm超えは出ていない。今日はと期待していたのだが・・・。
20087/21/03

ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。


テレの釣り

7/20(日)昨日デコった3人組みで、今日はテレの釣りをしに出掛けた。(ニジマス狙い)
入って事のないポイントの下調べも兼ねての釣りだ。入渓して間もなくライズを見つけたK氏が釣る。
「おっ、まあまあのサイズかな」なんてニコニコしている。40cm近いニジマスだ。「ん~、今日はイケルかな」と自分。「さすが、やりますなぁ」とF氏。ところが、その後が中々出ない。出てくるのは、カワイイヤマベ(ヤマメ)ばかり。深みのポイントも距離があり、結構歩く。あるていど予測はしていたが・・・。
2008/7/20/01
ところで、なぜ今日はテレの釣りにしたかですが、数日前にF氏とこの川に釣りに来た時だ。釣りとしては楽しかったが、ニジマスが痩せていた。川底をあちこち見て歩いたが、水生昆虫が少ないって言うか他の渓流に比べると居ないに等しいように思えた。自分の近隣の渓流は、ほとんどがカディス中心。この川は、ヒゲながを見る事がなかったし川底の石はドロが被り随分と滑る。時期的に、テレの出が良いのは当然だが、フライパターンを変えた途端に出も良くなったと言うのが前回の感想。それで今日は入渓場所も変えてリベンジした訳だ。前回の状況からテレがベストと決めて3人それぞれ巻いて来たと言うわけです。約4kmほど釣り上がっただろうか、K氏が30cm~40cm近いニジマスを3匹・自分が姿見ずでバレたのが1匹。F氏が30cmほどのニジマス1匹だった。
(ヤマベ・イワナ・ウグイ)は数えていません。
車に戻ると夕方5時を回ったところ。「この間、始めたところにポイントがあるのでちょっとやって行こう」と言う事で移動。なんか不完全燃焼気味でパッとしない3人。着替えをしていたのでスリッパ履きのまま自分がキャスト。レーンにのりゆっくりと・・・。ズボッと吸い込まれた。「居たぞオイ・・。」と思わず言ってしまった。35~6cmのニジマス。このポイント周辺で3人スリッパ履きで楽しんだ。こんな事もあるのが楽しい。
2008/7/20/02
2008/7/20/03

ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。

デコりました

7/19(土)15:00頃友人からの電話。イブニングに行こうとの事。いつもの顔ぶれ3人で尺ヤマベ(ヤマメ)とニジマスを狙った釣りに出かけた。小さいのがポチポチとライズしている。とりあえず釣って見るとチビウグイ。あちこちとポイントを変える余裕もない。ギリギリまで様子を見たがダメ。思い切ってもう一ヵ所へと移動。日中にハセちゃんが良いのを釣ったというポイントへ・・。
周りは薄暗くなっている。ワンチャンスだ。ジッとライズを待つ事30分・・・何も起きなかった。
昼間は結構気温もあがりぎみで、イブニングは出そうな感じだったが夕暮れ時から気温が下がりハッチが望めない状況だった。時間で勝負と頑張ったが今日はデコりました。

2008/7/19/01

ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。


まちがいねぇ~

7/18(金)前日夜から雨が降っていた。近隣の川は、水が不足で今一良い状況ではなかった。自分は、水量がある本流の釣りが好きで、大物が動き出さす切っ掛けを心待ちにしていた。朝方まで結構な勢いで降っていた。目が覚めて「ん~、気になるなァ~」なんて思っていたら携帯が鳴った。友人のK氏からだった。「現場の都合で休みになった、行くか・・・。」と言う事で出発。11:00頃到着、前回ハセちゃんが出したポイントから始める事にした。上流側の流れが気になり流すと30cm程の綺麗なニジマスが釣れた。「よ~し」とばかりに意気込み下りだす。先行してK氏が下って行く。始めて2時間程したところで自分にアタリ!ドッドンといい感じのアタリ・・「今シーズンは、過去2回この釣りでやられている。前回は、マーくんのサンタが喰われている。今回は絶対とってやる。」なんて思いながらのやり取り。42~3cm、綺麗なアメマスだ。K氏が「スイング中か、リトリーブか」と聞いている。K氏はこのポイント一番の狙いどころに立っていた。「そこ、よくデカイがいるぞ」と言って間もなく、「あっ、きた!!」
K氏の声。大きく曲がるロッドの前方ではガバガバと魚が暴れている。デカイと言ったとたんすっぽ抜け。「バレタァ~とK氏」残念。数箇所移動したがパッとせず川を変えてイブニングを狙う事に。
5008/7/18/01
DSP1378から#2ロッドに変えての渓流ドライ、この極端な変化が新鮮で楽しい。16:30頃到着、小さいのがライズしている。ここでも、「よ~し」と気合を入れて・・・。
ほどなく可愛いニジマス、その後ポンポンとイワナ。
2008/7/18/02
「これって、もしかして」なんて思うぐらい状況が良い。K氏が「お~い、変ったの釣れたぞぉ~」って呼んでいる。「これ、ホウライマス」じゃないか?
2008/7/18/03
正直、自分は見た事がない。K氏が言うには「まちがいねぇ~」。写真におさめておいた。
同じ川で同じ時間帯に釣ったニジマスと比べても全く違う。今日も楽しい釣りが出来たが、雨がほしい。
20087/18/04

ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。


痩せてるニジマス

7/17(木)気になっている川へと#2ロッドを持って出掛けてきた。
車を置いて直ぐのところから釣れ出したが、スレンダーなニジマス。
2008/7/17/01
ファイトも今一・・?どうしたって感じだ。ヒレを見てもワイルドヒレピン、産卵の関係で痩せているとも思えない。出てくるサイズは、30cm~34~5cm。大型の水生昆虫が少ない感じはする。#10のエルクへアーカディスで釣っていたがやはりピンとこない。#12のアントに変え見たら途端にポンポン出だした。
2008/7/17/02
2008/7/17/03

ヤマベ(ヤマメ)もイワナも釣れるし楽しい事は楽しいのだが・・・。とにかく痩せているニジマスばかりだ。他の川のニジマスは、この時期喰いまくってお腹は膨れ体高も良くなって来てる。秋に向けてどんどん大きくなっている感じがするがこの川のニジマスは違う。数回に分けて、調査する事にする。1km弱程しか歩いていないが、数は出る。が「ん~~」って言う感じだ。これから、どんどん良くなるのかも知れない。

今日のフライ

フック・C14BL・#12
ボディー・ピーコックアイ
ハックル・グリズリーコックネック

ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。

思いでポロポロ

7/16(水)今までいったい何足のウエーダーを履いたのだろう。
たまたま、仕事部屋を片付けていたら履き潰したウエーダーが出て来た。
「あっ、そうだ捨てられずとって置いたのがあるな」なんて急に思い出し、片付けそっちのけで履き潰したウエーダーを引っ張り出した。出てきたのは、ライトウエーダー5足とネオ3足だった。シューズは、以外と処分していて現在あるのは、履き潰し3足現在使用分2足の5足。履き潰しの物は2度ほど底を張替えしてある。履き潰したブーツフットのウエーダー3足は2度底を張替え、2足のストッキングタイプはピンホールの修繕いたるところ。ネオは2本が修繕むなしく完全におだぶつ状態。一足はまだなんとか予備として履けそうだ。
考えて見れば、色んなウエーダーを履いてきた。釣りを始めた頃は、レザーでできた物やゴムの物なんかもあった。釣らせ屋を創めてからもゴアのブーツフット5足は潰した。(2足は捨てた。)
エントラントも3足潰した。(捨てた。)って言うと釣らせ屋をして12足か???
思い出に残るウエーダーを写真に収めた。

2008/7/16/01

本当に過酷な使い方をしてきなたぁ~、なんて感謝しながら見ていると辛かった事や楽しかった事、なんか「つ~~ん」と来る思い出に慕ってしまった。
現在は、ライトウエーダー3足を使い分けして履いている。シューズも2足を使い分けしているが(一足は昨年購入、もう一足は今年購入)この分で行くと完璧に1足はおだぶつになるだろう。今年購入分も来シーズン一杯は確実にもたないだろう。

20087/16/02

皆さん色んな考え方があるとは思うが、自分はハードな使い方をするのでとにかく安心して信用できる物や自信をもって紹介できる物を使っている。リーズナブルで勧められたものを履いた事があったが、2週間だった。(完全におだぶつ)
自分が履いて、2シーズンほぼトラブル無しで履けるのが現在履いている物だ。
確かに安い物では無いが、やはり良い物は良い。
シューズにあっても今履いている2種類が自分としては最高だ。
2種類のウエーダーは現在履いているもの。

2008/7/16/03

どちらも5レイヤー(1種類はテスト用のプロトタイプ・現行商品はカラーダークストーンのみ)

ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。



大笑い

7/15(火)モヒカン娘も昨日(14日)札幌へ帰って行った。和商市場にお土産を買いに行った際¥1580の商品をお店のお兄さんが、おねえさん¥1300にまけとくよと声をかけてきた。モヒカン娘は、「ん~~おにいさんカッコいいから¥1200にして」といきなり値切りよった。最終的に¥1250で手を打ち商品ゲット。たくましくなったものだ・・・。
ところで、今日はお昼から一発勝負でパーマ屋とマーくんと3人で出掛ける事になった。自分も午前中にかたづけをして出発。時間を考えると一ヵ所で決めるしかない状況。今日は、2人に楽しんでもらう事にしてご案内役をする事にした。到着して間もなく、パーマ屋ヒット
セミダブルの愛竿が大きく曲がり楽しそう。強い流れに乗って右往左往するメタボアメマス。キャッチ寸前でバレテしまったが、満足とニッコリ。マーくんはこの釣り2回目と修行中。なんだかんだとトラブリながらもイワナを釣った。この釣りはアタリがあってもロッドであわせるとバレやすい。結構慣れるまでが面倒だ。体で覚えるのが早道。経験を積むしかないと自分は思う。ああだこうだ言っても始まらない。2人が休憩をとっている間にちょっとマーくんのタックルを借りて見た。「この流れにいると思うんだよなぁ」なんて言いながら流す事数回、「ジャジャ~ン・・よしのった」と言ったとたん水面でガボガボともがく。マーくんの目の前だ。すると・・・??逃げてったではないか
ティペットの先端がチリチリになっている。結び方が悪かったらしくフライが抜けて行った様だ。大笑い。このフライは、マーくんが可愛がっている猫の「サンタ」の毛で作った勝負フライだ。「サンタ、アメマスに喰われる」だな。なんて冗談も出た。帰りはお気に入りの温泉に浸かりマッタリ。たのしかった。

ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。



メタボがはじまる

7/13(日)2~3日降ったり止んだりとパッとしない天気が続いている。
雨が欲しいと思っているが、中々思っているほど降ってくれない。
たまにはスペイロッドを持ち本流へと出掛ける事にした。そう言えばと思い出したのが、先週からハセちゃんが通いだしている事。電話をして見て「これから行くんだけど、行く?」と聞いたら「当然です。」との事。いよいよメタボなシーズンが始まるぞ。自分の経験と感でポイントを決め、「ハセちゃん今日はここから探って行くよ」と昨年ハセちゃんが流されたポイントへ・・・。
上流から流しこんで行く。間もなくアタリ、「ん~~、」なんか違うぞと思ったらやっぱりだ。35~6cmの太ったウグイだ。どんどん下って行く。ハセちゃんは遠慮しているのか、自分の前に出ようとしない。
「そうか、じゃあ早めに一匹釣って先行させようと・・。」
今度はいい感じ・・、ところがだ。「ズン」とのった感じとラインが気持ち良く出た瞬間するッと抜けてきた。「あれ??」見ると、リーダーとティペットを結んだアタリから綺麗に切れているではないか。しっかり結びUVシーラーまで付けて完璧と思っていたのに・・・。
チャンスをモノに出来なかった自分、今日はダメな予感。
すかさず、後ろにいるハセちゃんを呼び「ここからいるよ、俺今日は無理かな・・・。先行してやってやって・・・。」
間もなく、ハセちゃんのロッドが大きく曲がる。ハセちゃん満面の笑み。ロッドティップが幾度と無く水面に突っ込みそうになる。「ジージー」とラインまで出るではないか。浮いてきた、見ると丸々と太ったアメマス、ヨシヨシと狙い通りの動きだ。魚は掴んだぞっと。
2008/7/12/01

サイズは、49cm。丸々と太っており、50cm超えていると思ったが、ちょっと残念。でも、いいファイトでした。狙った釣りで結果を出すのが気持ち良い。昨年の本流初日は自分が笑い、ハセちゃんが悔しがっていたが、今年は反対になった。これがまた楽しいね。その後もハセちゃんニコニコ。自分はガックリでした。
2008/7/12/02


ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。


娘一時帰宅

7/12(土)筋肉痛と疲れが重なり、今日は完全にダウンと言ったところです。札幌で暮らしている長女が半年ぶりに一時帰宅すると言うこともあり、今日は休日としました。長女は幼い時から何でも自分でパッパと段取りを組み、自分の事は自分でやってしまう行動派。中学高校と、とにかく彼女の奇抜な行動には唖然としたものだ。現在は、タトゥーの彫師になるとかで頑張っている。家を出る時も、私に話しをしてきた時には部屋の契約も、生活用品も勉強するタトゥーのお店も全て手配済み。全部自分でやるのでやりたい事をさせてほしいとの申入れ。さすがに何も言えなかった。親としては寂しい気持ちもあったが、彼女には彼女の人生ある。少しづつではあるがお客さんも付きだしオリジナルのタトゥーを彫っているとの事。何だかあっちこっちに色んな柄が一時帰宅するたびに増えている。今回は、モヒカンで帰って来た。「ガーン」とすると同時に笑うしかなかった。私の血が入っている証拠だろう。「俺にも早くカッコイイの彫ってくれ」って言って見た。「止めた方がいいんじゃない」だって。彼女が高校の夏休み、金髪にした事があった。嫁さんは「どうすんの」とアタフタ。でもって私も負けじと金髪にしてやった。父さんはこれでお前の参観日に行ってやると言ったら頼むから止めてくれと言われた事が昨日の事のように思いだす。14日の午後に帰る娘。今度会うのが楽しみだ。

ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。

今日はカヌーガイド

7/11(金)カヌーガイドに行ってきました。レイクサイドとうろさんのお手伝いです。元気の良い男子高校生8人を乗せて塘路湖を出発。アレキナイ川を下り、釧路川本流に出て細岡までの約9kmのコースだ。
今回は、6艇のカヌーでスタートしている。出発して間もなく「よし、一番でゴールしてやる」なんて言い出した高校生。オジロワシが飛ぼうが鹿が出てこようが「そんなの関係ねぇ」状態。
「9kmありますよ、無理せず行きますよ」なんて言っても・・・。
この勢い、いいなぁ~って感じ。

あ~腕が痛い・・・。


ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。

リリースしましょうよ。

つい先日、こん問い合わせが入った。7月20日位から家族旅行のついでに釣りをしたい。釣り方はルアーで楽しみたいとの事。ここまでは何時もの話しだが、ここからがちょっと違う。ガイドを依頼すると釣れる確率はどれくらいか?確実に大きいのは釣れるのか?との問い合わせ。さすがに、保障する様な対応や、確率何パーセントなんて事も答えられませんと伝えた。この後が・・・。

「キープさせてほしい。大きいのは剥製にしたい。」
ガイドを頼みたいとの事。

ガイド会員に限らず、まともなガイドはキープを目的とした仕事は請けてませんよと伝えたがどうなった事か。

なんとも寂しい話しだ。

北海道は、ネイティブやワイルドな魚が多いが、釣りを楽しんでいる個々が大事にして守っているのも現実だ。

この方の地元では、なぜ楽しめる魚が消えたのだろう?

釣り等のアウトドアーを楽しむために沢山の方が北海道に訪れてくれる。本当に有難い事だ。広々とした空間。美味しい空気。開放的になるのは当然だが、楽しむと言うよりそこにあるものを獲りに来るという方も多いようだ。

ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。



ちょっと一休み

7/10(木)続いていた仕事も一休み。塘路湖を経由して西別川を覗き養老牛温泉へと行ってきた。気持ち良かったぁ~。途中、虹別の町により「コロカムイの会」館会長宅に寄り御挨拶。西別川では、知人が釣りを終え上がってきたところ。この知人にも久しぶり。「どうでした?」と声を掛けると、「ん~ん、イワナもヤマベ(ヤマメ)も調子イイよ」との事。考えて見れば、自分のフライフィッシングはここから始まったのだ。バイカモの中からイワナ・ヤマベ(ヤマメ)・オショロコマ・ニジマスが出てくる。イブニングにハマルとヒゲナガやアメリカカクスイのスーパーハッチ。
ライズは一面ではじまり「どうしよう」なんて困ってしまった事や、どんどん暗くなってくる中、ティペットのトラブルやウインドノット、交換する時間がもったいなくてひたすら無理矢理伸ばし釣った事。フライ交換をしたいがアイが見えなくて必死になった事。マスキングハッチにハマリ、何をどうやっても思い通りに釣れなかった事。とにかく色々と思い出し懐かしかった。館会長が管理しているオートキャンプ場を利用して、懇親会なんかをやろうかなぁ~なんて考えています。西別川・釧路川等の近隣河川の釣りが楽しめます。夜はシマフクロウの声を聴きながらのお酒。楽しいと思います。

ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。


頑張ったけど・・。

7/9(水)今日は7日にガイドさせて頂きました、お客様のリベンジ。
なんとかグットサイズのニジマスを釣っていただきたいと頑張って見ました。過去に大きいのが出たポイントを点々と探って行く。何処も出てくるのは、可愛いサイズ。日中の天気申し分無し。周りはセミの声も聞こえ雰囲気は良い。このままの行けばイブニング狙いで勝負も出来そうだ。とにかく、明るいうちになんとかしたいと探って行く。小さなポイントだが、深さもあり気配はあるが難しいポイント。掛けても抜けるかどうか・・・。攻めてもらおうかどうか迷っていると、お客様がヨシとばかりに勝負に出た。カディスをポトン・・。巻き込みでフワフワとベストな状態でレーンにのる。出ると思った瞬間スポッとフライが消えた。
潜られると全ては終わる。ジャンプした瞬間にお見事上手く抜いた。強引にネットを入れる。やった~!
目標としていた40cmには至らなかったけど、35cmの綺麗なワイルドレインボーだ。その後イブニングもと移動して待ってみたが、気温も下がり風も出だしダメ・・終了。
頑張って見ましたが、ちょっと残念。
懲りずに、また遊びに来て下さいね。200/7/9/01


2087/9/02


ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。

ボビーの敵討ち

7/8(火)Kさんとニジマス狙い。ボビーから連絡があって数日前に下見行った川で大きめのニジマスをバラしたとの事。Kさんは9日・10日と村ちゃんガイドで湖の予定なので、今日も川でドライに拘りたいとの希望。それじゃあと言う事で、ボビーが落したのをやって見ましょうと出掛ける事にした。背丈ほどのブッシュをかきわけ進む、前が見えないし朝露でびしょ濡れになりながら川へ出た。直ぐにチビが出て来た。10分ほど釣り上がったところのプールでKさんが指差す。「お、大きい・・」40cmは間違えなく超えている。狙う事数十分。残念、ドラマは起きなかった。完全無視。これも釣りですね、次に進みましょうとたたき出す。24~5cmほどのは出るが・・・。結構な距離を歩いている。
200/7/8/01

そろそろ時間、ボビーのヤツを獲りに行きましょうという事で移動する。小さくライズしているのがいる。ほんとに小さくだ。一回、二回と流すが出ない。少し間を置き三回目・・出た。いきなりジャンプ元気なヤツだ。レッドバンドがハッキリ見える。
200/7/8/02

やった~。ボビー獲ったどー。
20087/8/03


ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。

今日は玉砕

7/7(月)大きいのをドライで釣りたいと言うリクエストでしたが、申し訳ありませんでした。今日は玉砕でした。
釣っても釣っても可愛いのばかり。イブニングを狙いたいところでしたが、天気が悪く無理。
「9日」リベンジで頑張ります。
明日はKさんの2日目だぞ。切り替えて行くぞ!

ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。

ライズ

7/6(日)毎年埼玉から遊びに来てくれるKさんとニジマス釣り。
調べてた分だけ引き出しは多い。まずは、簡単に数釣りだ。
朝4:00起きでちょっと疲れていると話していたKさん。
歩く距離を抑えながらゆっくりと楽しむ。ポンポンと出てくるニジマス。
夕方は、ちょっと大物でもやって見ますかとポイントを変更。
ライズを見つける。ゆっくりと静かにライズしている。
フライを洗濯して、フィーディングレーンを確認する。
アプローチ位置を確認してソフトプレゼンテーション。
レーンを5cmずれても出ない。ドラグがかかっても出ない。
一発勝負だ。#12のパラダンが静かにドリフト・・・。
緊張が走る・・。心の中でそこで出ろ!
ズボッと吸い込んだ。やった!!お見事。
気持ち良く終了。
2008/7/6/01


2008/7/6/02


ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。

ちょっと悪戯

7/5(土)今日はよく歩いた。
下見を兼ねて朝8:00から夕方4:00迄とにかく歩いた。
残念ながら大きいのは釣れなかったが、数は出た。
友人と2人でひたすらドライでたたきながら・・。
ちょっと悪戯で極小ネットを持って行ったのでこんな写真も撮って見た。魚のサイズは24~5cmと言ったところだが。
明日は本番、頑張るぞっと。2008/7/5/01


2008/7/5/02


ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。

5cmドラワカ

7cmのが従来の大きさです。
5cmも問い合わせがあり作って見ました。
金額は、同じです。フィッシャーズ協会 951


ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。

5cmのドラワカ

7/4(金)今日はフライを巻いております。
ここ数日、ガイドと下見?自分の釣りで手持ちのフライがかなり寂しくなりました。
自分はタイイングと言うより、家の中での作業がどうも苦手で何かと理由を付けては
川や湖等の釣り場へと出かけてしまいます。
さすがに嫁さんもあきれ顔です。
今日は天気も悪く、自分も外へと出向くのが厳しいと思いフライ作りです。
お客様から5cmのドラワカをと連絡があり作って見ました。
フィッシャーズ協会 950

川用のドライフライもせっせと頑張っています。

ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。

特訓中

7/3(木)急遽ちょっと離れた川が気になり、何時もの友人2人と出掛けた。川は最高に用件が良くニジマスの多い川だ。小さいのがライズしているので、釣ってみたら手の平サイズのニジマス。深みが多く日中は水面下の釣りが好ましいところに思える。友人がルースニングで探って見ると・・。直ぐにアタリ!大きそうだったがバレてしまった。
川原には、2匹の仔狐が出てきて遊んでいる。
フィッシャーズ協会 948

昨年秋よりフライを始めた友人は、ダブルフォールの特訓だ。
決して襲われているわけではない。オーバーヘッドキャスティング技術はプロにも定評がある友人が教えているところだ。
フィッシャーズ協会 949


ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。

ヤマベ(ヤマメ)解禁

7/1(火)ヤマベ(ヤマメ)が解禁になった。7/2(水)友人2人と3人でイブニングタイムを狙って尺ヤマベを狙いに出掛けた。自分はダメだったが、やる時にはやるマーくんが27~8cm程のをゲット。
自分とペンキ屋は、20cm~24・5cmのニジマスばかり。

ちょっと悔しいかな。

それにしても、ヤマベはマーくんのみでしたが、小さいけどワイルドレインボーが本当に良く釣れた。
元気いっぱいでジャンプもするし走るし楽しかった

マーくん記録的なヤマベ釣るような気がするな!

カメラを忘れて写真はありません。

ヒゲナガのハッチがすごかった。ロングシャンクの大きめのカディスで
良く釣れましたよ。

「ん~~」今日も行きたくなってきた。

ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。

下調べ

6/30(月)今年まだ下調べをしていない川へと出掛けた。
対象魚は、イワナ・ヤマベ・ニジマスだ。この川は川底の石が凄く滑る。小砂利などで踏ん張りがきくところを見つけては川を右往左往に渡りたたいて行く。今日は下見なんて理由を付けたが、本音は釣りがしたかった。ニジマスの大きいのは出なかったが、イワナサイズのニジマスとイワナの綺麗なのが遊んでくれる。
フィッシャーズ協会 946

一緒に行った友人が何か叫んでいる。川辺を指差して・・。
もしかしたら・・、案の定だった。自分はニョロニョロが苦手でなんとか好きに成ろうと彼等の可愛いところを見つけ出そうと毎年悩んでいる。つい先日は、お客さんが対岸の木の枝に毛鉤を引っ掛け外そうと2~3度揺さぶったら枯れ枝のようなものがボチャン??
そいつが自分の方に向かって来るではないか。僕はガイド!ここでうろたえてはいけないとその動向を観察。自分の1mほど前にある直径30cmほどの倒木の先端が水辺についている。ズルズルと上がってくる。
長さは1m30cmあると思う。お客さんは「うゎ~蛇が落ちて来たね。びっくりした~」って言っているが平気な顔。そんでもって何蛇?なんて聞くではないか。「そうですね」なんて言いながら、一歩前へと・・・。「アオダイショウの様ですね。」と余裕を見せながら答えたものの強い日差しで暑いにもかかわらず背筋は「ぞく~~ッ」と冷たいものが。今シーズンの遭遇は2回目、彼等の顔を良く見ると可愛い顔はしている。しかしだ、このボディーの鱗とテリ・・・。厳しいなぁ~。
前回は、写真までいかなかったが、今回は頑張った。
フィッシャーズ協会 947


ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。


釧路湿原カヌー下り

6/28・29とレイクサイドさんのお手伝いで釧路川のカヌーガイドに行って来ました。塘路湖からスタートして、下流の細岡までの約9kmを大阪から修学旅行で来た高校生を午前と午後の2回に分けて下りました。
天気にも恵まれ、オジロワシやエゾシカ、3匹の子狐が戯れていたりと楽しかったですョ。(残念ながら写真は撮れませんでした。)
大阪弁で喋り捲る高校生は、とてもノリが良く自分が同じ年頃だった時の事を思いだし、まだまだ頑張るぞぉ~なんてすっかり若返っちゃいました。フィッシャーズ協会 939



ブログランキングに参加していますので下のバーナーをポチッと!お願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。