特定非営利活動法人 北海道フィッシャーズ協会通信 WEBLOG

北海道でフィッシングガイドサービスを中心に行っている個人、及び団体のネットワークであり特定非営利活動法人です   釣り人、及びガイドの視点から自然環境と共生し環境保全に努めて日々活動を続けています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釧路川清掃に御協力を!

08・4/20釧路川中流部塘路から細岡間でゴミ清掃を実施いたします。
塘路のレイクサイドとうろさんと協力し合い、カヌーからと陸上から清掃を行なう予定です。
カヌー乗船人数には限りがありますので、参加希望者が多い場合は、陸上とカヌーにこちらで振り分けいたします。
参加に御協力頂ける方は、お手数でも08・4/13までにeast-road@kbe.biglobe.ne.jp
へ御連絡下さい。
なを、障害保険料としまして当日¥500を徴収いたします。

昼食・飲み物は持参にてお願い致します。

詳しい時間・集合場所に付きましては、参加連絡を頂いた方に御連絡いたしますので
お名前・連絡先を必ず入れて下さい。

皆様のご理解御協力をお願い致します。

写真は昨年のものです。
2007/5/6/02


2007/5/6/03

スポンサーサイト

ベアースプレーは用意しましたか?

先日のカヌーフィッシングを始りにいよいよ釣りモードと言ったところです。
釧路管内のあちこちの河川も氷が落ち釣り人で賑っています。
何でも観測史上記録的な雪不足と聞いています。
さて、山の気温も上がり木々の芽も膨らんできました。
山の神、ヒグマも目をさまし歩き回る季節です。昨年は屈斜路湖にて遭遇と言う事もありました。
鈴や笛の携帯は勿論ですが、万が一の事を考えるとベアースプレー(カウンターソール)は必需品です。信頼できるショップでの購入は当然ですが、私はガイドとして信頼できる下ちゃん(ドリーバーデン)
にお世話になっております。タックル・ウェアーは勿論の事、ガイドとしての経験をいかしたアドバイスなんかも役に立ちます。ベアースプレー等フィッシングアイテムをお求めの方は、ドリーバーデンがお勧めですよ。

2007/5/5/02

(写真は昨年、屈斜路湖畔にて)

今シーズン初のカヌーフィッシング

3/16今シーズン初のカヌーフィッシングに出かけました。
「レイクサイドとうろ」さんより特製大型カヌー2艇をチャーターして釧路川へと出発。
天気は極上でしたが、前日までの一昼夜半降り続いた雨の影響と雪解けが重なり川はドロ濁りと水の条件は最悪状態でしたが思っていた程の増水ではなくカヌーを出すことが出来ました。
春のポカポカとした日差しが何とも気持ちが良い。
今回は、手返しの効率を考えて全員ルアーでの釣り。大物ヒッターのK氏はカヌーの操船を完璧にしようと釣りより操船に力を入れているようだ。
ゆったりと力強く流れる釧路川は何度下っても止められない。
DSC03418.jpg

出発!デカイの釣るゾォ~~!!
元気は良かったが、釧路川まで続く支流が増水のため逆流している。およそ2km程の距離だが結構堪えました。途中釣り人が引っ掛けたラインやワームなんかを回収しながら下っていく。
本流に出るとその流れの早い事、しかも重い。
アンカーリングしながらポイントを探って行く。
DSC03420.jpg

透明度は10cmも無い。ん~~厳しいねぇ~、目の前を掠めない限りヒットは望めないねなんて言いながら下って行く。下りだして一時間程経っただろうか、50m程後ろでアンカーリングしていたK氏艇の前で「グァバン」ライズと言うかボイルと言うか我々にも聴こえるほどの大きな音。
「なんだっ・・K氏がなまらデカイぞっと」言った直ぐ後、大きく水面が割れた。
何かを追っている様な波紋。我々のところかも見えるほどだ。しかし残念ながらアタックは無し。
その後も幾つかのライズを見つけるもヒットにはならない。
この日のK氏艇は何かが違うらしく後半残り3/1程の地点でヒット。
掛けたのは美味しいどころを得意とするN氏、きつめに閉めたドラグがジージーと出る。
興奮度はMAX!!一気に魚が浮き上がったらしく本人目視、デカイ・・。
その後、無情にも掛かっていたテンションなくなりルアーだけが手元に・・・。
テールのフックが完全に伸びていた。
ルアーのフックはシングルバーブレスに交換してある。これも仕方ないね。
掛けただけでも良い良い、魚を見た本人「ピンク色で黒い斑点まで見えたよ」何尾ものイトウを掛けているK氏は「幻級イトウだったな、授かりもんだったよ」と呟く。
私のポイント調査の始まりを告げた一日だ。
来月も本流を下る。

ヤマメ(やまべ)

僕が住む釧路近郊のほとんどの河川は7月から翌年4月一杯までが解禁で5月~6月が禁漁と言うのが多い(河川により異なる場合もあるので要注意)僕は餌釣りをしていた時からヤマベ釣りが大好きで、解禁が待ち遠しくて解禁前日は居ても立ってもいられなく、夜のうちに川まで行き夜明けを待っていたことも懐かしい思い出にある。

昨年は、イギリスのお客様が地元ネイティブをドライで釣りたいとの希望で、丸一日ヤマベ釣りをした。尺は出なかったものの泣き弱が結構釣れて満足して頂いたのが記憶に新しい。
自宅から車で片道一時間を考えればヤマベ釣りを楽しむことが出来る川は結構あるが、こちらで言う幅広の大型ヤマベを狙える川はそんなにない。僕は、数よりもサイズを狙う時は一級河川などの本流に出向く。
釧路近郊の河川はカディスが多くエルクヘヤーカディスをバリエーション広く用意しておけば一日楽しめるが、夏場の日中はテレストリアルの釣りが大アタリと言うパターンがあるのでテレも必ず持って行く。

しばらく釣りに行く事が出来ないので、思い出に浸ることしか出来ないのが残念だけど・・・。
ジージーとセミの泣く声や草木の香り活気に満ち溢れた川が待ち遠しい。
2007/8/11/04


2007/7/18/02

酒蔵

本日は釧路の地酒、福司酒造さんの年に一度の酒蔵開放日でそちらに売り子としてお手伝いをしてまいりました。前日は友人が釣りに行きアメマス爆釣だったよーと言われ、釣りしたいなーと思いながら売り場のセッティングをしてると望月さんから、来週カヌーで釣りするぞーとの電話が!よっしゃ~と気合が入り本日の蔵開きを乗り越えられました。
蔵開きはツアーなどでいらしている方や地元の日本酒好きの方(無料で試飲が飲み放題のため)、が多く大勢の人で売り場はパニック!蔵開放日・来訪者限定品で数量も限定の、たれ口酒と言うお酒が非常に人気があり、終了まで2時間以上を残し、追加で作ってもらったものも含めて全て完売となってしまいました。

CA340050.jpg


頑張ったので来週は爆釣間違いなし!かな~?

だんだんと釣りモード

冬の寒さもピークを過ぎ春の兆しを感じるようになりました。
冬の間の副業も今月一杯で目処を付け、いよいよ釣りモードに突入しようかと思っています。
今年の一発目はカヌーで本流を釣る。
仲間とフライとルアーで攻める予定だ。せっかくなので幻を狙ってみようと思う。
あ~ワクワクしてきた。こうなると、釣果よりその日が来るまでの気持ちのたかぶりがたまらない。

たかぶり過ぎて当日がっくりと言うのもしばしばだが、何せ今シーズン初の川釣りなのだ。

一年中楽しめるアメマス

釧路近郊でのアメマス釣りは一年中楽しむことが出来ます。
アメマスと言えば代表的なのは、阿寒湖・遡上アメマスと言うのが広く知られていると思います。
季節は、阿寒湖5月から7月初旬・遡上アメマスは9月から12月初旬・寒さに耐えられるのであれば近隣河川で1月からでも楽しめますが、全てが凍りつき数時間の釣りしか出来ません。
だいたい3月中旬からみなさん楽しまれているようです。

では、阿寒湖から遡上アメマスの間はと言うと私は釧路川本流のアメマス を狙います。
7月下旬から始り寒くなるまで楽しめますが、私は7月下旬から8月下旬までの夏真っ盛りを楽しんでいます。モーニング・イブニング・そして日中と手を変え品を変え楽しめます。
とにかく体こうが高く引きが強くエキサイティングな釣りが楽しめる。

時間があれば、ガイド仲間のゆうあん村ちゃんのところで、まったりと温泉に浸かって帰るのがこれまた最高と言ったところ。

今年も楽しみだ。

メタボあめます


2007/8/11/02


2007/8/11/03

今年も始ります。

3月に入り日中ポカポカと感じる様になりました。ストリーマーを巻き貯めしようかと思っています・・・。とは言うもののずぼらな自分は中々そうは行きません。ギリギリになるまで盛り上がらないのが悪い癖です。本州ではサツキマスの時期も来ているようですね。
自分は地元釧路の新釧路川でのアメマス釣りが年の初めと言ったところです。今年は釧路の雪は少なく市内に限ってはほとんど積雪は見られなくなりました。ボチボチ中流部では釣れだしております。来月はカヌーで様子見に行くつもりです。
自分は、フライで楽しむことが多いですが中流部においてルアーで攻める方がポイント的には効率的に有効と思います。
鮭稚魚を追い回してライズするアメマスが目に浮かびます。
鮭稚魚がトビウオの様に跳ね、その後から大型のアメマスがゴボンと水面に出る・・・フライをスイングさせ誘う、手元にくるアタリは何とも言い様がない心地良さです。流れを読み、川底を想像してフライの流れている様子をイメージする釣りがたまりません。7月下旬から8月はメタボなアメマスが釧路川本流で楽しめます。春のアメマスとは食性も違いドライでも水面下でも楽しめます。これは、太くてエキサイティングな釣りです。

写真は昨年春のカヌーフィッシングの様子と8月のメタボアメマスです。
2007/4/30/02

2007/8/5/03

2007/8/5/03

ボチボチ始ります。

寒い寒いと言いながら3月になりました。まだまだ朝の冷え込みは油断できませんが、あちらこちらの氷が緩みだすのはこの月からです。既にミッジを意識してトップの釣りも出来ますし、ルアーでは春先に動く大物狙いも楽しめる様になります。私はラーメン屋さんの仕事が休みですが、何やかんやと釣りには行けそうもありません。
これから本業の準備と、嫁さんと買い物等で夕方まで掛かりそうです。

釣りに行かれるみなさん、足元が緩み出しますから気を付けて下さいね。

ワカサギ終盤戦!

本日は姪っ子がワカサギ釣りをしたいとの事で、お姉一家と塘路湖へワカサギ釣りに行ってきました。
塘路湖もいよいよ終盤戦となり、子供達が釣れるかどうかが心配でしたがアタリも多く飽きずに釣りを楽しんでました。時間帯を選べば、まだまだ釣れそうに感じました。

CA340048.jpg

さすがの日曜日で釣り人はそこそこ居ましたね~、奥のポイントはかなりな数のテントが並んでました。


もう少しで春です!次回の塘路湖はカヌーでの釣りですね、早く川を下りながら釣りがしたいな~。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。