特定非営利活動法人 北海道フィッシャーズ協会通信 WEBLOG

北海道でフィッシングガイドサービスを中心に行っている個人、及び団体のネットワークであり特定非営利活動法人です   釣り人、及びガイドの視点から自然環境と共生し環境保全に努めて日々活動を続けています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣り愛好者様へのお願い

釧路近郊の河川では、カラフトマスの遡上が例年に無く盛んです。合わせてヒグマの活動も活発になってきております。専門雑誌等の釣り場情報で、地方からの愛好者も多く見受けられます。異様な臭い・足跡・糞等気配を感じた時は速やかに引き返しましょう。
熊スプレーはあくまで最悪の場合の手段で、使用するような事態を招かないのが最良です。
また、釣り人のゴミも目立つようになってきています。餌の空き箱・針のパッケージ・リーダー・ルアーのパッケージ等必ず持ち帰りましょう。
一般家庭の不法投棄と思われるゴミも目立ちますが、川へ足を運ぶ事の多い釣り愛好者皆で協力し合い、綺麗な釣り場環境ができれば最高と思います。

酪農家さんの牧草刈りも盛んに行なわれております。作業車の出入り口や、牧草畑の駐車は絶対にやめて下さい。駐車スペースにタバコの吸殻を捨てる釣り人もいます。悲しい事です。

重ねて心ある釣り愛好者様へお願いです。
拾える範囲でゴミ拾いの御協力お願いいたします。
拾ったゴミは個々で処分して頂く事になりますが、何卒御協力の程
お願いいたします。

スポンサーサイト

ヒグマに注意して下さい

カラフトマスの遡上が近隣河川で多く見られます。すでに、使命を全うして死んでいるカラフトもあちらこちらで見られます。
こうなるとヒグマの活動も活発になり、危険な状況です。
ガイド会員は心得ているとは思いますが、例年よりも注意をして入渓する時間、川から上がる時間等細心の注意をお願いします。
特に若いガイドは、釣らせる事に重点を置き過ぎない様お願いいたします。

2007/5/5/02
(この写真は、春に目撃したヒグマです。)


2007/8/29/01

〆はドライ

8/26(日)最終日は、ドライでニジマスをと言うリクエストで楽しんで頂きました。朝はゆっくりとスタート、何とか40cmオーバーがガバッと出ないかなと期待しながら叩き出す。
綺麗だが可愛いのが一匹、また一匹と釣れ出してきた。今日も天気が良いと言うか良すぎ状態。栃木からのお客様は、今年で10年目の常連様。僕が「ヒー暑いですねぇ~」と言いながら歩いていると、今日は涼しいですヨとバッサリ。言われて見れば本州の暑さから見れば確かに涼しいし湿気も無い。僕は30℃超えてくると溶けそうになる。過去に「もっちゃんは30℃を超えると調子悪そうだね」と言われた事がある。その通りなのです、僕は30℃を超えると生きが悪くなってくる。水を凍らせておいた500ccのペットボトル、溶けた分づつ飲んでいく。僕は、これを2本持ち歩くが車に戻る頃には当然空。頭の中は冷たいビール、でも僕は通風持ちで辛いところ。
こんな日は、木の枝が覆い被さる様なところを狙ってもらう。当然フライはテレストリアル、溜まりよりも瀬を流す。枝の下はポトンと枝から落ちるようにプレゼンテーション。
行程の半分ぐらいのところで、元気の良いヤツが出た。お客さんが引きずられている、#4ロッドが大きく曲がり楽しそう。
やったか40cmと思ったが残念でした、30cm半ばほどでしたが見事なプロポーション。ヤマメも無き尺が5~6匹と良い良い。
事故無く、怪我無く終了でした。

2007/8/26/01


2007/8/26/02



2007/8/26/03

人・人・人



8/25(土)「ゆうあん」を朝8:30出発、今日は大きいのをと出かけた。大きい川で、ドロッパーシステムの大物狙いは初めてと言う事で少し戸惑い気味でしたが、徐々になれ流し込んで行く。
それにしても今日は混んでいる。レンタカー、地方ナンバー、主だったポイントには車が沢山。牧草刈りで忙しい酪農家の邪魔になっている車・・・。某雑誌で紹介されたせいなのか、とにかく混んでいる。
村ちゃんは、ニジマス釣りに出かけた。午後からは下ちゃんも来る。早めに勝負を決めたいところだ。開始して二時間程経っただろうか、1回目のアタリが来たが残念。少し間をおき同じところを流す。お見事ヒット!
サイズは42cm初めてのシステムで釣った綺麗なアメマス。
体こうも高く丸々と太っている。預かったビデオカメラでファイトシーンを撮影し、ニコパチとお客様のカメラでもう夢中。やってしまった、自分のカメラでの撮影がぶっ飛んだ。時計を見るとお昼を回っている。一旦川から上がりお昼に。午後二時過ぎポイントを変えてスタート、ヤマメ・イワナとポツポツと出るが本命が来ない。再スタートして一時間程経っただろうか、下ちゃんから電話「もっちゃんすごい車だょ、載っかった影響かな」と下ちゃん。何処に入っているのとの事で場所を伝えた。下ちゃんは3人、僕は2人のお客様、一緒には無理だ。辛いところだがしょうがない。
下ちゃんの事だから大丈夫だろう。僕等の方は、その後40cm弱のアメマスと24~5cmのイワナ・ヤマメで大きいのは出なかった。終了後下ちゃんに電話して見たらさすが優秀なガイドだ、ちゃんと結果を出していた。
明日は、ドライで大きめのニジマス狙いだ。

2007/8/25/01


2007/8/25/02

天気良すぎ

連日、川へと通う日々。それにしても天気が良いと言うか、良すぎと言うかとにかく暑い。腕まくりをしていたらどんどん日焼け、気が付けば顔面もどんどん日焼け、これでたまにラーメン屋さんに立ったらどうなんのかな・・・?

8/24(金)ニジマス釣り、36cmが最大でしたが綺麗なワイルドレインボーでした。奥さんも沢山釣り、御夫婦で満足して頂きました。8/25は大物釣りの予定で今夜は、村ちゃんのところの「ゆうあん」宿泊。途中、鶴が丘の上にいるのを見つけしばし車を止める。
ゆっくり温泉に浸かって頑張るぞ。

2007/8/24/01



2007/8/24/02


2007/8/24/03

残念

8/23(木)前日は、ドライでウォーミングアップ完了と言う事で本流アメマス・ニジマス狙いに出かけました。朝8:00出発、9:30スタート。一つ目のポイントで一時間程探るがアタリが無い、二つ目へ移動して11:00頃に再スタートするが小さいアタリが散発。
のってこない。
時計を見ると午後1:00になっていた。昼食を取りましょうと休憩し、近くのそば屋さんへ。
午後2:00過ぎに三つ目のポイントへ到着、開始して30分ほど過ぎた頃だった、僕の上流数メートルの辺りでドボンと音がした。
丁度、数メートル下流で奥さんが正にここと言うポイントを流していて、そちらに気を取られていた時だった。振り向くと同時に御主人のアッと言う声・・。
僕が、下流に気を取られている時にヒットしてあまりの強さに声が出せず耐えるのにやっとだったとの事。開始前に僕に大きいのがヒットしたらロッドを立て過ぎないようにと言われていたのを思い出して、岸際に寄せようとした時に突然走りジャンプ・・・。
ドボン・・・ラインブレイク。

何センチとは言えないが、とにかく大きいレインボーだったとの事。切られたティペットは0X、興奮もなかなか冷めず・・大きなため息もしばらく続いた。

また来年頑張りましょう!

20078/23/01



2007/8/23/02

ウォーミングアップ

8/22(水)AM9:30着の飛行機で到着したお客様、まずはウォーミングアップでドライでニジマスを釣りたいと言う事で10:30スタート。毎年遊びに来てくれるお客様で、事前にアベーレージサイズ等状況は説明済み。ポイントを変えながら極端に歩く事もしないで30cm前後のニジマスをポンポンと釣りあげていました。途中、沢山のバッタがいるポイントがあり、ホッパーに付け変えてボサの下へと送り込むと35cm程でしたが綺麗な一匹。ヒレピンなワイルドレインボーなので、大きさ以上に感じるファイトでした。8/23(木)はアメマスです。さぁ~一匹の釣りです。良い結果が出ればいいなァ~。

2007/8/22/01



2007/8/22/02



2007/8/22/03

盆明けの始り

8/21(火)いよいよ盆明けのスタート、連日のガイドが始った。今日のお客様はウエットでのアメマス希望。3回アタリがありましたが、キャッチ出来たのは1匹だった。ニコパチを撮ろうとしているうちに逃げちゃいました。すいません
当然大きさも計れず目測で45~6cmでした。連日の天気で水量は少なめで一雨ほしいところです。8/22からはニジマスとアメマスのお客様、釣りまくるゾォ~~!!

20078/21/01

リバーサーモンフィッシング

8/19日はジロー達と忠類川にサーモンフィッシングに行ってきました、ジローはすっかりフライにハマリ、フライフィッシングでアタックです!、結果はジローは駄目だったんですが・・・、本当にたくましい男です、約8時間ロッドを振り続けてましたから、当日も非常に暑くなりました、帰りの準備をしてるとジローがビールが飲みたい・・・ボソリと一言、それを軽く皆であしらいながら、サーモンパークを見学に、ジローはビールは?って言ってましたが、これを見てから!って言われて渋々でした、サーモンパークに入ってすぐにオショロコマの水槽がありまして、自分は久し振りにオショロコマを釣りたいなと思っていたのもあり、これを釣りたいんだけど付き合ってくれるか?って訊いたら、ん~OK!との事、その後コンビニに立ち寄りジローの念願のビールです、自分はまだ物色中でしたが出口でカズ!っと自分を呼ぶ声が!出るなり乾杯でガブ飲みです、アンタそりゃー水じゃないんだから・・・、その後オショロコマを釣りに行きました、以前望月さんに連れて行っていただいた場所が思い出せずに電話をして確認!望月さん有り難うございます、助かりました!皆で爆釣でした!
DSC02878.jpg

DSC02884.jpg
ジローが上半身裸で裸足なのは気にしないで下さい!自然の中では何時もです(笑)
DSC02893.jpg

最後に忠類川でポイントを譲って頂いた、ファーストサーモン賞の方々有り難うございます。

* 忠類川でのサーモンフィッシングでは、事前にライセンスの申し込みが必要となります!

秋の始り

8/18(土)記録的な暑さも一段落し、ザーッと一雨も降り川はどんな状況かと行って来ました。さすがに11月までは、プライベートな釣りが出来る状況ではなくなりそうなので、言い訳をしながらでも趣味の釣りが出来るのも今日限り。朝7:00過ぎに出発して、ハセちゃん宅に寄り釣り場には9:00頃到着。ハセちゃんは今日スぺイデビューだ。6月に隆さんからレッスンを受けたきりで、先日俺がスペイで釣っているのを見てどうにも釣って見たくなったらしい。そそくさと用意をして始めたが・・・なんか様子が変だ。可愛いサイズのアタリも無く、ここぞと言うポイントでもパッとしない。もしかしたらと嫌な予感。こう言う時の嫌な予感は当たるもので、案の定大型魚の群れが点々と。カラフトマスの遡上が始っているのだ。さすがにこれが来出すと魚も散りだす。「ハセちゃん」、今日60cm出せなかったら11月まではお預けかなと話し掛けると、よーしスペイで勝負だとハセちゃん。最初に俺が43cmと小さめ。何とか狙いのサイズを出したくて頑張って見るが難しい。ハセちゃんの具合を見ると・・・苦戦している。思うような釣りが出来ないでいる。これも仕方が無い、何せスペイデビューなのだ。見て見ないふりをするのも武士の情け。ハセちゃんのデビュー一匹目はヤマメだった。写真は撮れなかったが幅広で綺麗だった。このまま勢いに乗るぞとハセちゃん。釣られちゃ困るので今日は泳がないのと軽くジャブをカマシたが、つけは俺にきた。コンコンコンとアタリ、スイングがほとんど終りに近いところでだ。ギリギリまで送り込んで辛抱したがあわせが早かった。のったと思った瞬間水面でガバガバと頭を振られおさらば、尾びれを思いっきり振って行った。今シーズン見たアメマスの尾びれで一番大きく見えた。その後のポイントでもカラフトマスが。夏はお盆までと言うのが本当だ。ルアーで楽しんでいる友人にも遇ったが、やはりカラフトが多くてアメマス出ずらいと話していた。
2007/8/18/01

情け無い

昨日今日とレイクサイドとうろさんのお手伝いでカヌーガイドに行ってきました。昨日は7人のお客様を乗せて一時間程塘路湖を回り、今日は9kmの川下りを、4人のお客様と3人のお客様と、2回程一生懸命頑張りました。
普段気合を入れた仕事をしていないせいか(そんな事は無いと思っているが)、右手のひらに豆が出来ました。こんな事は、しばらく経験ありません。カヌーエイキスパートの方々は凄い!!
つくづく思いました。
帰ってきてからは、ラーメン屋さんに4時間程アルバイトとちょっと張り切って見ましたが・・・俺ってやっぱりおじさんだったのとガックリとしました。

手の平の写真を撮ろうと思いましたが、あまりにも情けないのでやめました。

朝はきっと筋肉痛だぞ。いや、明後日かな。
やっぱりおじさんかぁ~~。

水の事故にご注意

全国各地で、記録的な暑さが報告される中、悲しい水の事故も続いております。楽しい夏を悲しいものにしない様、気を付けましょう。

水浴び

8/13(月)嫁さんと末娘と姪、それとジャックとゼロで川遊びに出かけた。
釧路らしくない真夏日、気温は30℃を超えた。僕としては溶ける寸前。主だったところは沢山の家族連れで大賑わい。こんな日に混んでいるところはヤダ。
近隣の川で遊ぼうと向かっていたところ友人から電話。有難いことに昨年釣りに行ったところで、泳いできたとの事。丁度方向も同じで、自分のいるところから20分程、ラッキーとばかり予定変更。
散々釣りに出かけていた場所なのだが泳ぐ事など考えても見なかった。人はいない、我慢出来ずに川に入る。気持ち良い~~。短パンにTシャツでジャバジャバドボーン。娘と姪にも入れ入れと促しジャック、ゼロもおいでと水の中へ。時折ライズもするが今日は釣り無し。水の中を見ると小魚が沢山。底にはドジョウや川カジカも入る。
娘と姪にランディングネットを渡し、すくってみな。なかなかすくう事が出来ない。丁度そこへ友人が到着。深いところでは2m以上あるのではと言うプール。ライフジャケットを持ってきた友人から借りて娘と姪がドボーン。
川で泳ぐのは2人とも初めて。大喜びだった。
ジャックはボロ雑巾の様になり、ゼロはカワウソの様になった。つくづく綺麗な川だった事に気づき、自分の中にあった大事な物に気づいた一日だった。


2007/8/13/01


2007/8/13/02

川遊び

8/12、13日と友人のジローと川遊びに行って来ました、まずは釣りです!、ジローは時間がある時は一生懸命練習してるみたいです、フライフィッシング2回目にして、だいぶコツが分かってきたみたいです、昔から習うより慣れろ!ってタイプみたいです、コツとタイミングが分かってきたら連発してましたもん、ジローは野生児だからカンが良いんですかね~。
DSC02851.jpg


しかし暑かった!
場所を移動してクールダウンです、滝を見て入るか?って言ったらチャッチャと服を脱いで入っていってしまった!俺も負けじと入って行ったんですが、冷たい・・・、ジローには勝てん!ジローが滝に打たれてる横で私は心臓に水をピチャピチャと、情けない・・・。

DSC02867.jpg


ジローと遊んでるととても楽しい!日本人の型にはめられた考え方ではなく、ただ純粋に楽しむ!自分もそうだけど結構忘れてる事だと思います。何十年振りかでドップリと川に浸かった、冷たかったけどダイレクトに自然を感じれたし、すごく幸せな時間だった!心に出てきた言葉は、ありがたい!それだけだった。

DSC02863.jpg


入魂完了

8/11(土)前回あまりにも良い釣りが出来たので練習中のスペイで釣ろうと思ったのだ。一緒に行ったのはハセちゃんと、ハセちゃんの釣り仲間M氏。ハセちゃんが朝5:00に迎えに来てくれた。のん気に助手席へとおさまりポイントへと向かう。途中M氏と合流、6:00スタートとなった。僕等にはちょっとしたルールがあり、初めて釣りのポイントへ来た人に、お気に入りの釣り始めの場所を選択してもらうのである。腕前を見縊っているのではない。ある程度状況を知っている者とはハンディがあり過ぎるのと、初めてのポイントと言う事でプレッシャーもある。気に入った場所で最初に釣ってもらえれば僕等も気が楽にる訳だ。かえってプレッシャーになると言う人も居ると思いますが、僕の経験から言うと初めての人と初めての場所で釣りをする時、中々最初に竿を出しづらいものなのである。そこで僕等流のルールとして、お先にどうぞと言うわけである。大きいか小さいかは皆同じ条件である。お見事M氏54cmを手中に。僕は50cmを超える事は出来なかったが素晴らしいヤマメ(こちらではヤマベ)を釣る事が出来た。ハセちゃんも50cmは超えなかったが水没する事無くニコニコ顔。今回も事故無く一日楽しく釣りが出来た。う~~お盆明けから忙しくなるぞぉ。自分の釣りも11月まではお預けかな?

2007/8/11/01


2007/8/11/02


2007/8/11/03



2007/8/11/04

一日大爆釣

8/5(日)今日と言う日が来るまで本当に長かった。とにかく俺にとってはこの時期旬な釣りなのだ。狙いは丸々と太った60cmのアメマス。何だか良く分からないけど仲間みんなで60cmにこだわっている。確かに簡単に出るサイズでもない。朝5:00出発、霧のかかる道を逸る気持ちを必死に抑えながらポイントへと向かう。今日の釣り方は、フローティングラインにウエットフライをドロッパーにして食わせフライにちょっと小さめのストリーマーをリードフライにしてあるシステム。到着して間もなく、俺がセットしている最中にハセちゃんヒット。40cm半ばぐらいだが丸々と太りコンディションバッチリのアメマスをゲット。う~~羨ましい~。今度は俺だとポイントを変えて頑張る。ん~~中々こない。沈めて見るかとシンキングリーダーを取り出しセット。間もなくゴボっともじったと思った瞬間ティップが突っ込んだ。やりとり数分54cmガハ~と雄叫び。その後ポンポンと4匹ゲット。50cmオーバー1匹、泣き50cm3匹と今日はいけると思ったが・・・。ととと、ところがだ。とことこっと来た友人Y氏釣っちゃったもん・・・。ガクっときちゃったけど魚を見たお陰で、釣りてぇ~の気持ちの方が強くエキサイト!話しは前後するが、Y氏が60cmと格闘中我々は大変な事になっていた。対岸に渡っていた俺とハセちゃん、帰りは大変だょ・・・ウェイディングスタッフを渡し使ったほうが良いヨと言ってあったのに、あと3m位のところで力尽き俺行けネェ~なんて弱音を吐くハセちゃん釧路川の洗礼を受け遭えなく水没・・・。大丈夫かと言ったものの人の不幸は蜜の味、ましてや遠慮無しの仲間と来たもんだから腹がヨジレル程笑がこみ上げてくる。3~4m流されながらも岸辺にたどり着く。その数メートル下流でY氏は何も知らず60cmを手中にしていたのである。満面の笑みのY氏とズタボロ、びしょびしょのハセちゃん。久々にどうして良いか分からなくなった。ハセちゃん着替えは?持ってきて無いウェイダーは予備あるヨ、着替えも俺ので良ければあるヨと言ったが散々笑った後、ちょっとムッとしながらこれで頑張ると意地を見せた。なにはともあれ次のポイントへと移動、さすがに先に竿を出すわけにも行かずハセちゃん先にどうぞとすすめる。ハセちゃん俺流れ込みからやる。じゃあ俺は開きの方から流して良いと聞き始める。間もなく俺にきた。45cm・・・。電話が鳴る、ボビーからだ時間が出来たので近くまで来ているとの事。合流し、ボビーがハセちゃんが流したところを試しにと流し出した。ドカン・・40cmほどのがヒット、ハセちゃん苦笑い。さらに移動、ガイドでは出来ない行動だが今日はプライベート。再度対岸へ渡る。ハセちゃんがどうなったかは御想像に任せる。俺とボビーは問題無し、間もなくボビーが50cm、俺が掛けるもバラシ、ハセちゃんウェイダーを脱ぎ水を捨てる。続けてボビー52,5cm。俺48cm。ハセちゃん戦意消失・・・。

2007/8/5/03

2007/8/5/02

2007/8/5/03

メロン

どーもです、菅原です!釧路もやっと夏らしくなってきました、夏の北海道の味覚のひとつにメロンがありますが、我々は普通に食べてるんですが、北海道外のとくに都会(東京など)に住んでいらっしゃる方々には今まで自分たちが食べてたメロンってなんだったの?って言われる位に美味しいらしいんですわぁ!いきなりメロンの話をしましたが、東京に住んでいる中学校時代の友人が会社を立ち上げまして、その中のひとつに食材物販事業ってのがありまして、そのお手伝いをしております、毎日早起きをして市場に出かけておりますよぉ~

CA340025.jpg


CA340024.jpg

写真は北海道メロンのアサヒメロンです。

この事業には他にも中学校時代の友人が絡んでます、不思議なもんですよ、何年?、何十年間?も会ってもいなかったんですけど話を持ち掛けられたら、よし!やるか!ってな感じですわぁ、何か面白い事が出来そ~だなってのがありまして・・・、目指してる所も多分一緒だからだと思います。
釣りにも通ずるんですが、自分が住んでる場所は本当に素晴らしい場所に住んでるんだ!って誇りを持っています、少し車を走らせれば魚が釣れるフィールドが沢山あったり、食べ物もそぉ!、だから自分はこの土地で生きてくって何年か前に決めたんです、いつか帰ってまた釧路に住みたいって言ってる友人の為にも、残ってる自分が頑張らねば!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。