特定非営利活動法人 北海道フィッシャーズ協会通信 WEBLOG

北海道でフィッシングガイドサービスを中心に行っている個人、及び団体のネットワークであり特定非営利活動法人です   釣り人、及びガイドの視点から自然環境と共生し環境保全に努めて日々活動を続けています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小田さんと釣り

今日は(7/29)は毎年忙しい時にサポートをお願いする小田さんと出かけました。私にとってはとっても頼もしい友人の一人です。看護士資格を持つ小田さん、救命救急処置の知識や判断等教えてもらっています。釣り一般が大好きで、羅臼のホッケ釣り等年に数回は遊びに行ってますが、今年はこれが初めて。
天気も良くドライフライで渓流ニジマス釣りに行って来ました。尺ニジマスが最大でしたが、とても楽しかったデス。

2007/7/29/01


2007/7/29/02

スポンサーサイト

気を付けましょう

釧路近郊の釣りシーズンが開幕と言ったところです。海ではアメマス・カラフトマス・カレイ・コマイ・アブラコ(アイナメ)等、ルアー・浮き・投げ釣り等の愛好者で賑っています。川は、ヤマメ・イワナ・ニジマス・アメマス等、餌釣り・ルアー・フライ等の愛好者で賑いを見せています。気になるのはゴミの問題です。釣具関係のパッケージや釣り人が持ちこんだと思われるコンビニ関係のゴミ・・。まとめるまで手間を掛けているのですから持ち帰りましょう。釣り愛好者みんなで心掛ければ素晴らしい釣り場環境が出来ると思います。子供たちも夏休みに入り親子連れも目立つようになります。大人の行為を見られます。みんなで気を付けましょう。

やったぜぃ

7/25予定通り本流の釣りへと出かけた。前日チェックしたポイントを上流から順に攻めて行くことにした。全部で4ヵ所を攻める予定だ。川に到着したのはAM9:40頃、1ヵ所目でスタートがほぼAM10:00。お客様は23日にドライフライで数釣りをして頂いたお二人様。今日は初めてと言う釣り方で、本流のネイティブトラウトアメマスの釣り。秋に産卵の為に遡上してくるアメマスとは別もんのアメマスだ。良くは知られていないが、湿原の中に居る大型のがこの時期移動すると言われている。遡上のアメマスとは植生も違い、トップでの釣りも楽しめる。このガイドが出来るのは、近隣では俺と村ちゃんぐらいかな。この日も前日下見した自分の情報と、村ちゃんの情報を合わせて移動する。丁度一週間前、ミーバイさんと遊んだポイントもその中に含まれていたが、この日は水量の関係で出来なかった。ミーバイさん近日中に仇は取ります。2ヵ所目へと移動中オジロワシが飛んでいるなんと珍しい。オジロですよとお客様に伝えると大きいネェ~と感激してくれた。間もなく鶴の親子連れも現れた、これも珍しい二羽のヒナを育てている。親鳥と変わらないぐらいに成長している。違いは体色のみだ。なんか起きる予感、お客様もそんな気になっているみたい。3ヶ所目を終えて一休み。これまで当たりは無し、天気はドピーカン水温は16度水の色は恵みの雨のお陰で最高。さあ残り1ヶ所だ、気合を入れて再スタート。直後に村ちゃんから電話、もっちゃん「最初のポイント一番ついているはずだょ、時間かもしれないとよ」と有難いアドバイス。よーし、最後にもう一度だと決めた。4ヵ所目に着いて間もなく待望の一匹目
やったーと喜んだのもつかの間、アレッ何と言うことか車にネットを忘れてしまった。しかも川の中に立ち込んでいるしどうすんだぁ~って・・。何とかお客様を岸まで戻しランディング45cm、しっかりとドロッパーを銜えている。時間も大分迫ってきた最初のポイントへ戻りますと伝え移動。到着した時間はPM4:00を回っている。良く見るとチビがポチポチとライズを始めた。御主人の方に一度当たりはあったがダメ。様子を見ているとゴボンと音が聞こえた・・なんかライズした。気を付けて見ていると明らかに良型のライズ。シンキングリーダーを外し2Xのティペットの先にお客様のフライボックスにあった一番大きいセミを付け流し方を伝えてスタート。出た・・痛恨の空ブり「トゥワー」とガックリ。しかし、フッキングしたわけではない。まだまだとリベンジ流す事数回・・・ズボっとセミが消えた。明らかに魚なんだけど動かない。ひたすら水中で頭を振っている様子。お客様も固まっている。ゆっくり自分の有利なポジションをとって下さい、ロッドはねかせて等々やりとり。ジワジワト寄って来た・・デカイ!水中でギラついているが幅がある。レインボーかも、頭を上げようとするが浮かない。#6ロッドが弓なりになっている。もう少し頑張って・・やっと浮いたランディング。52cm超オデブアメマス。体こうからすれば52cmには思えない。村ちゃん有難う!!

2007/7/25/01


2007/7/25/03


2007/7/25/02

本流Good!!

明日のガイドポイントを見て来ました。(釣りはしなかった・・ライン通すまではしたものの止めた、厳しい~~)

村ちゃんが昨日良かったヨなんて言ってたし、今日見た感じでも水量・雰囲気バッチリでした。恵みの雨でしたよ。

明日は勝負だぁ~~~~!!

鶴にも遇ったゾォ~!
2007/7/24/01



2007/7/24/02

お日様

昨日までのジメットした天気とは変わり、セミがジージーと鳴き目映い光が水面で煌いている。久しぶりにお日様に包まれている。御夫婦でフライフィッシングを楽しまれているお客様の御案内だ。今回の雨の影響で、近隣河川は何処も濁り当初予定のポイントもダメ。流入河川等の影響の少ないポイントへと出かけた。到着した場所でライズを見つける、昨日までの雨が良かったのか小さいが至る所でライズがある。釣って見ると20cm弱のニジマス、大きいのはでないかと期待をしながら上流へと進むが最大で35cmほどでした。ドライフライで数釣りを満喫して頂きましたよ。

2007/7/23/01

2007/7/23/02

良く降った

昨日(7/21)より今日の午前中まで良く降った。お陰で近隣河川はアマゾン川って感じです。明日のガイドは大変だ!
事故無く怪我無く頑張りますってか。何処行っかな??

この雨待ってたんだな!
4~5日後が楽しみだ。本流シーズンインだぞ!!

パラダイスで

どーもです、ボビー(菅原)です、望月さんと長谷川さんと釣りに行ってきたときの写真です。
DSC02771.jpg

Dsc00020.jpg

DSC02777.jpg


いや~面白かった!、皆でワイワイと釣りをしながら、しかし・・・歩いた歩いた、誰もそろそろ車に戻るかい?なんて言わないんだもん、望月さんが言ったときは時すでに遅し・・・車までの帰り道が長いこと・・・、ポイントを変えてもまた同じ事してるしね、川でも道路でも誰にも会わない、そこには多分我々3人しか居なくて、全く別の国か、別の場所に居るような感覚でした。

面白かった

7/21朝から霧雨、今日は釣りとガイド仲間のボビーとハセちゃんと三人出かけた。数日前から予定をしていたが、今回の川は入渓が初めてのポイント。丁度月曜日からのガイドも有り下見にはタイミングが良い。打ち合わせをしていた時に大きいのも期待出来そうな川だょ、なんて二人に言って置いたら#4ロッドを仕込んでいた。俺は気楽にと#2ロッド(実は車に#5ロッドを仕込んで置いた)霧雨の中、ひたすらダートな道を奥へ奥へと進む。分かれ道になると、あっちへ行こう、いや違う・・こっちかなんて事を繰り返しながら到着。三人とも身支度をテキパキとしてスタート。20cmほどのニジマスが一発目で出てきた。ちょっとした流れのヨレにもついている。他の二人も居る居るとニコニコ顔。一ヵ所目は30分ほどで20cm~25・6cmのニジマスが沢山。二ヶ所目へ移動、ここはハセちゃんが竿を出して見る事に。ポポーンと2~3匹出したがやはりサイズが泣き尺のニジマス。しかしニジマスしか釣れない。Goodサイズのイワナが出そうな川なんだけど出て来ない。三ヵ所目へ移動、ここは皆で竿を出した。尺ニジマスが出てきた。どうだいと声を掛けると大分大きくなってきたけどニジマスだねとの事。ここまで来たら何処まで魚が居るか行けるとこまでと四ヵ所目へ。魚止めと思われる落差が出てきた。この上はどうなっていると言うことでそこを上りさらに上流へ、やっぱりニジマス。何と言う事かニジマスしか釣れなかった。ちょっと残念。サイズは最大で35cmほどだった。三人とも手持ちのドライフライが無くなっていた。数はどれくらい釣ったか分からないが、魚の歯でボロボロになりフライチェンジが頻繁、時間を見るともう山の時間になっていた。山の神が怒るぞと終了。今日は随分と歩いた。人に合うことも無く、せせらぎの音と鳥の囀りマイナスイオンムンムンの中の釣行、ニジマスしか釣れなかったが楽しかった。ヒレピンピンのワイルドレインボー、秋に期待する。今度はミッキーのパパも誘って来ようねと帰路についた。俺のカメラは霧雨・雨と言う事で写真撮影が無理でした。ボビーの写真を後日掲載します。

オショロコマ

今日は(7/19)今期初のオショロコマの釣りでした。毎年来て頂いているお客様で、愛らしく癒してくれるオショロコマが大好きな様です。
朝5:00釧路出発ポイントには7:30着、それにしてもメチャクチャ寒い。気温は8℃と表示・・。タダでさえ冷水を好むオショロコマ、足先がジンジンする。ポイントには誰もいない、透き通った川底にはオショロコマが見える。橋の上からおふざけ半分でフライをポトン・・パクッとくわえる。ゆっくり上がりましょうかと言ったものの寒くてたまらない。動いていないとどうしようもないので俺も竿を出さしてもらった。(半分言い訳)実はこの釣り大好きなのである。難しくしようと思えば自分次第でどうにでもなる。以外とメンディングの練習にもなる。ナチュラルドリフトは重要なもの。縦のメンディング、クロスのメンディング等見直す良い機会でした。


2007/7/19/01


2007/7/19/02

残念

前回ヤマメ釣りで御一緒したお客様のガイド、今日は一発狙いのウエットの釣りでした。朝8:00過ぎに「ゆうあん」を出発、15分ほどでポイントに到着。システムはフローティングラインにシンキングリーダー、#6のウエットにトレーラーで食わせフライのセッティング。お客様は初めての釣り方と言う事で簡単に説明し流し方を見てもらいスタート。開始して間もなく30cmぐらいのイワナが出た、おっ、行けるかなと思いつつ二匹目も同じくらいのイワナ、何か来そうな予感・・・。やっぱり、ロッドティップがグンと突っ込んだ。やったと思った瞬間アレレ、ラインがダラーンと腰抜け状態・・。残念、ドロッパーのウエットから無い。お客様ガックリと肩をおとしてティペットの先端を見て結び方が悪かったのか、信じられないと落胆。でも、この釣りはハイリスクな釣りでデコは当たり前。掛けただけでもついてますヨと言ったものの・・慰めになったかな??
あの手に伝わった感覚は残っていると思う。機会がありましたらリベンジしましょうと終了。残念。
今日は私も釣りをさせてもらいました。綺麗なヤマメを釣りました。
2007/7/18/01

2007/7/18/02

2007/7/18/03

要注意

シーズンも盛り各協会ガイド会員の皆様におかれましては、日々御活躍の事と拝察いたします。さて、今回危険行為と判断するガイドを行なっているガイド会員がおります。お客様に釣っていただく為に頑張っているのは良く分かりますが、一番大事な事を忘れていると思います。事故を起こさない事、安全が最優先です。ヒグマの活発な生息区域でイブニングを行なうなど考えられない行動です。プロならば安全なポイント並び安全な時間で楽しい時間を提供するべきなのではないかと私は思います。リスク管理が出来ていない者がお客様に楽しい時間を提供できるとは思えない。当該ガイドにおいては、リスクに付いて再認識する事を伝えます。改善が見受けられないと判断した場合は、氏名を公表し除名とする。

えいご漬け

7/14えいご漬けの一日でした、私はお昼からフランス人のデビットさんのガイドの予定でしたが、朝から望月さんがイギリス人のマークさんのガイドとの事でしたので、じゃ~それではと時間まで同行させて頂きました、ロックがお好きなのか釣りの準備をして始める時にOK、Rock’nRoll!って言ってたのがカッコ良かったです、そしてお昼からフランス人のデビットさんのガイド、フランス語だったらどうしましょ~って悩んでましたが、英語でよかった~、デビットさんもフライ初挑戦で前回のジローと同様、又も私の持ってる少ししかない英語の知識を120%フル活用です、川原で軽くキャスティングレッスンの後、実釣!当日は非常に寒く気温12度位、途中車で暖を取ったり、英語が上手く伝わらなかったりと大変でしたが、楽しんで頂いたようです。
DSC02744.jpg

DSC02749(2).jpg


ガイドが終わり帰ってる途中にジローが飲みに出てるって事なので、車を置いて直行!今日はすごく疲れたよ・・・ってジローに言ったら何で?って聞かれたので、I cannot speak Englishって言ったら爆笑されましたわぁ。

お見舞い申し上げます。

大雨、地震と天災が相次いでおります。幸い北海道では今のところ被害はありません。出来る限りの御協力はしたいと考えております。被災されました方々に心よりお見舞い申し上げます。

Very Good

今日は(7/16)14日にガイドしたマークさんのガイド。この間はワイルドレインボーとネイティブトラウトをドライで釣りたいとの要望で、数は満足していただいたもののサイズが今ひとつ。(ヤマメはvery good)今日はエキサイティングな釣りがしたいとの事で#6ロッドでウエットで勝負をすることにした。ハイリスクな釣りで、俺も久々にプレッシャーを感じたが50cm超のトラウトを狙うと言った手前俺にも面子がある。今日の最終で帰るとの事で、時間もあまり無い。会話は、この間と変わらず説明が難しい会話。一つ目のポイントに到着して見るとアレレ・・シモちゃんが居る??流れ流れて来ちゃったとの事。何てラッキーな事か、手持ちのウエットフライが少なくて心細かった。シモちゃんからリードに使うウエットを3個ほど分けてもらいスタート。シモちゃんも俺の400mほど上流に入りスタート。30分くらい流すがダメ。二ヶ所目のポイントへ移動・・ここもダメ。何せ数ではなく一発勝負。三ヵ所目のポイント、ここもダメ・・時計を見るとお昼10分前。マーク、ランチランチと一休み。川筋を良く見ると上流に良い流れがあるではないか。正に隆さんから以前に教えてもらった絶好の流れ。食事をそそくさと終わらせ、とにかくマークに川を渡って今自分たちが立っている足元の流れを攻めると伝えて開始。3投目で30cmほどのニジマスが釣れ、それから同じぐらいのアメマス・ウグイ・・4匹目に50cmのアメマス、5匹目は52cmのアメマスとやったぁ~~。50cm超えのアメマスはどちらも丸々と太りダウンの釣りとは言えリールが悲鳴をあげるほどの強い引きだった。エキサイティングだのファンタステイックだのと叫んでマークが興奮していた。俺も釣りてぇ~。しかしながら何て強運のイギリス人だろう。中々こう行くもんではない。時間を見ると15:00過ぎ。その後二ヶ所ポイントを変えたが当たりは無し、終了とした。マークが色々と話してくれて、どうもすごく褒めてくれている様なんだけれどThis is a penの俺にはには分からなかった。また会える事をひたすら願うばかりだ。see you again。

2007/7/16/01

2007/7/16/02

2007/7/16/03

2007/7/16/04

今日はヤマメ釣り

写真は後日追加いたします。7/15屈斜路湖に行く予定でしたが、状況が悪く予定を変更してヤマメ釣りにしました。18cm~28cmほどのヤマメが満足頂けるだけ釣れたかと思います。同じサイズのニジマスが数匹と35cmほどのニジマスが一匹、ドライとニンフで楽しかったデス。俺もちょっとロッドを借りてさぼっちゃった。自分の釣りではヤマメに見放されていた状態でしたが、昨日のマークさん今日のお客様とお見事でした。今日はルースニングのコツを簡単に説明しまして、ボトムの釣りも楽しんで頂きました。明日はマークさんとハイリスクな釣りだぞぉ~!頑張ろうっと。
2007/7/15/01

2007/7/15/02

2007/7/15/03

良く釣れた

7/14イギリス人マークさんのガイド、北海道のネイティブとワイルドレインボーをドライフライで釣りたいとの事。何せ細かい説明は仕様が無い。俺はThis is a pen.のレベルなのである。返事はYesかNoの選択しかなかった。レインボーは25cm~30cmほどのサイズばかりで良いサイズのは出なかったが数は出すぎ。ネイティブの方はヤマメを釣ってもらう事にした。今年は何かヤマメに見放されている感じがしていたが・・・。大当たりだった。尺は出なかったが、23cm~28cmぐらいのが二桁は釣れた。途中会話をを試みるがそりゃーもう説明がかなり難しい会話だ。マークは俺に英語出来ますかと聞いてきた。俺はNOと答えた。俺はCan you speak japanese?と聞いて見た。答えは、わりませーんときた。なんかこれですっかり仲良くなれた。16日はもう一日マークのガイド。今度はハイリスクな釣だ。

2007/14/01

2007/7/14/02

2007/7/14/03

カヌーと焼肉

7/8ボビー夫妻とジローカップルと私の5人でカヌーで釧路川を下った。ジローは見た目は日本人だけど生粋のアメリカ人。出身はハワイとの事。レイクサイドとうろさんにお世話になりカヌーをチャーター。途中アオサギの群れやエゾシカなんかも出て来てくれて気持ちが良かった。
下り終えてからは焼肉!カキにウニまで・・豪勢だ。今日はボビーが迎えに来てくれて運転しなくてもよくビールまで飲めるときた。「がはぁ~」っと雄叫び状態。飲んだし食ったし最高の一日だった。

*レイクサイドとうろさんのプランにはカヌー(ガイド付き)&焼肉プランもありますよ。御家族連れで楽しめますよ。

2007/7/8/01

イワナ釣り

7/7ヤマメ・イワナ釣りに行って見た。木曜日(7/5)から金曜日(7/6)にかけて丁度良い雨が降った。毎年楽しませてもらう川だが今回行って見てビックリ。川筋やポイントがガラリと変わり、川は生きてるナァ~と実感した。結構下流に入って見たが、景観は良いが釣りのポイントとしてはあまり良くなかった。釣果はイワナ5匹、ヤマメ0。今度はもう少し上流に入ろうと思う。しっかりした状況を掴むには数日かかりそうだ。2007/7/7/02


2007/7/7/01

ちょっと気になる

愛好者が楽しみにしていたヤマメ釣り。7/1からヤマメが解禁となりました。7/3イワナとヤマメが釣れる川の様子を見に行ってきました。先週末に結構な雨が降り、どうなっているかなぁ~なんて思っていましたが、なんと水が少なめ。局地的に強く降ったのか、私が確認して来たところは水量が逆に少なめでした。道東もこれからが短い夏が本番です。水量の多い一級河川は問題有りませんが、支流筋や二級河川の上流部などはこのままだと厳しい状況になるかもしれません。

ジローとボビー

どーもです、ボビー菅原です。今日は私の友人である、アメリカから英会話の先生として来日中のジローをガイドしてまいりました。なんせジローはフライフィッシングは初挑戦!川原で軽くキャスティングレッスンをしたんですが・・・、ジローも日本語ペラペラではないので大変でした、微妙なニュアンスが上手く伝わらないんですよね~、私の持ってる少ししかない英語の知識を120%フル活用です!レッスンを終えてランチタイム、今日はジローがランチを作ってきてくれたのでそれを頂きました、チョリソー美味しかった!玉子焼き上手だったよ!ご馳走様でしたジロー、ランチを終えてさぁ本番です!最初に入ったポイントでライズを発見!早速ジローがアタックです、風も強くキャスティングに苦労してましたがなんとか釣り上げる事に成功しました、初のフライフィッシングでドライフライで釣り上げるってのはスゴイ事ですよね、しかもジローからみたら外人から教わってる訳だしね(笑)上手く伝えれなくてゴメンなさい。

ファイト中のジロー
DSC02697.jpg


記念のファーストフィッシュ!
DSC02700.jpg


自分で一生懸命、試行錯誤しながらキャスティングをしておりました。

DSC02703.jpg

移動中の車の中で色々な話をしました、ジローはハワイの出身なんですが、今日の景色はジローの住んでたハワイにすごく似てるって言ってました、青い空、周りは緑の森、そっくりらしいです。行ってみたいな~、ジローは11月の初めにはアメリカに帰らなくてはいけないのが残念ですが、それまでこの北海道を満喫して欲しいな!思い出ってのは、けっして色褪せないからね!

THANK YOU MY FRIEND!また行きましょう。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。